研究者
J-GLOBAL ID:201101049141247471   更新日: 2020年09月24日

菅原 優

スガワラ ユウ | Sugawara Yu
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/ebc10bf69b729f1d29edb037fbb36361.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/ebc10bf69b729f1d29edb037fbb36361.html
研究分野 (1件): 材料加工、組織制御
研究キーワード (3件): 腐食防食 ,  電気化学 ,  表面処理
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2013 - 現在 鉄鋼材料の大気腐食挙動の解析と高耐食化原理の創出
  • 2012 - 現在 大気腐食環境における鉄鋼材料への水素侵入挙動の解析
  • 2010 - 現在 鉄鋼材料の局部腐食挙動の解明と寿命予測技術の開発
  • 2006 - 現在 PEFC用白金系触媒の溶解機構解明と高耐食表面の創成
論文 (85件):
  • 柿沼 洋, 武藤 泉, 菅原 優, 原 信義. アルミニウム合金の局部腐食に関する最近の研究. 軽金属. 2020. 70. 7. 314-315
  • Masashi Nishimoto, Izumi Muto, Yu Sugawara, Nobuyoshi Hara. High-Temperature Annealing of Ferrite Stainless Steel: Modification of Sulfide Inclusion Properties and Inhibition of Inclusion Dissolution. Zairyo-to-Kankyo. 2020. 69. 7. 194-198
  • Shimpei Tokuda, Izumi Muto, Yu Sugawara, Nobuyoshi Hara. Pit initiation on sensitized Type 304 stainless steel under applied stress: Correlation of stress, Cr-depletion, and inclusion dissolution. Corrosion Science. 2020. 167. 108506-108506
  • Mariko Kadowaki, Arkapol Saengdeejing, Izumi Muto, Ying Chen, Gerald S. Frankel, Takashi Doi, Kaori Kawano, Yu Sugawara, Nobuyoshi Hara. Roles of Interstitial Nitrogen, Carbon, and Boron in Steel Corrosion: Generation of Oxyanions and Stabilization of Electronic Structure. Journal of The Electrochemical Society. 2020. 167. 8. 081503-081503
  • Masashi NISHIMOTO, Izumi MUTO, Yu SUGAWARA, Nobuyoshi HARA. Artificial MnS Inclusions in Stainless Steel: Fabrication by Spark Plasma Sintering and Corrosion Evaluation by Microelectrochemical Measurements. ISIJ International. 2020. 60. 1. 196-198
もっと見る
MISC (10件):
特許 (8件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (63件):
  • 酸化物薄膜を用いた鋼材へ侵入する水素の可視化
    (材料中の水素機能解析技術 第190委員会 令和元年第4回講演会 2020)
  • Inhibition of Hydrogen Entry into Pure Iron by Formation of Nitrogen Solid Solution layer in the Surface
    (236th ECS Meeting 2019)
  • Improvement of Sensitivity in Detection System of Hydrogen Absorbed into Pure Iron using WO3 Thin Film by Optimization of Thickness of WO3 and Pd films
    (EUROCORR 2019 2019)
  • 表面に窒素マルテンサイトを形成させた純鉄の水素侵入挙動
    (材料と環境2019 2019)
  • 鋼材へ侵入した水素のWO3薄膜を用いた可視化技術の高感度化
    (日本鉄鋼協会「鉄鋼材料への腐食誘起水素侵入」研究会 「大気暴露中の腐食誘起水素侵入に対する理解に向けてII」シンポジウム 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2010 東京工業大学 材料工学専攻
  • - 2006 東京工業大学 金属工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京工業大学)
経歴 (3件):
  • 2018/10 - 現在 東北大学 大学院工学研究科 准教授
  • 2010/10 - 2018/09 東北大学 大学院工学研究科 助教
  • 2008/04 - 2010/09 日本学術振興会特別研究員(DC1)
委員歴 (19件):
  • 2019/04 - 現在 (社)腐食防食学会 コロージョン・セミナー企画委員会 委員
  • 2018/03 - 現在 (社)日本鉄鋼協会 鉄鋼材料への腐食誘起水素侵入研究会 委員
  • 2017/10 - 現在 (社)腐食防食学会 若手コンソーシアムWG1 主査
  • 2016/04 - 現在 (社)表面技術協会 東北支部 幹事
  • 2015/04 - 現在 (社)腐食防食学会 東北支部 幹事
全件表示
受賞 (6件):
  • 2019/03 - 一般社団法人 日本鉄鋼協会 研究奨励賞
  • 2018/07 - 公益財団法人 本多記念会 第58回原田研究奨励賞
  • 2018/05 - 公益社団法人 腐食防食学会 腐食防食学会 進歩賞
  • 2018/03 - 公益財団法人トーキン科学技術振興財団 トーキン科学技術賞最優秀賞
  • 2013/09/17 - 公益社団法人 日本金属学会 日本金属学会奨励賞(材料化学部門)
全件表示
所属学会 (6件):
表面技術協会 ,  日本金属学会 ,  アメリカ電気化学会(The Electrochemical Society) ,  日本鉄鋼協会 ,  電気化学会 ,  腐食防食協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る