研究者
J-GLOBAL ID:201101051014694943   更新日: 2020年06月04日

稲葉 肇

Inaba Hajime
所属機関・部署:
職名: 専任講師
ホームページURL (2件): http://hinaba.orghttps://sauvage.academia.edu/HajimeInaba
研究分野 (2件): 思想史 ,  科学社会学、科学技術史
研究キーワード (7件): エネルゲーティク ,  エネルギー論 ,  オストヴァルト ,  ボルツマン ,  ギブス ,  物理学史 ,  科学史
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2019 - 2022 「研究と教育」から見た量子統計力学の形成過程の研究
  • 2014 - 2017 科学主義の時代におけるオストヴァルトの「エネルゲーティク」に関する研究
  • 2010 - 2012 ギブスの統計力学に関する研究-物理化学史の観点から-
  • 2009 - 2010 第23回科学技術史国際会議
論文 (6件):
  • 堅田智子, 稲葉肇, 有賀暢迪. ドイツに留学した日本人物理学者たち:1893年から1914年までの滞在・在学状況の集団的分析. 国立科学博物館研究報告E類:理工学. 2018. 41. 7-21
  • Hajime Inaba. Schlesinger's energeticism: From hypnosis to an energetic worldview. Historia Scientiarum: International Journal of the History of Science Society of Japan. 2018. 28. 1. 36-53
  • 稲葉肇. 1870年代から1920年代における化学と気体運動論・統計力学. 化学史研究. 2016. 43. 62-71
  • Hajime Inaba. Historical investigations into the development of classical statistical mechanics. Kyoto University. 2015
  • 稲葉肇. アンサンブル理論と熱力学的アナロジーの系譜:ギブスの統計力学についての一考察. 科学哲学科学史研究. 2014. 8. 1-20
もっと見る
MISC (17件):
  • 稲葉肇. 量子力学の観測問題に取り組んだ神父:柳瀬睦男の経歴と業績. 日本物理学会誌. 2019. 74. 11. 792-794
  • 稲葉肇. いかにしてアインシュタインは原子論に到ったか. 現代思想. 2019. 47. 10. 157-169
  • 稲葉肇. 物理学史を教える:何を,なぜ,どうやって?. 大学の物理教育. 2019. 25. 27-30
  • Hajime Inaba. Introduction. Historia Scientiarum: International Journal of the History of Science Society of Japan. 2018. 28. 1. 1-2
  • Hajime Inaba. Keiko Sato 佐藤恵子, Hekkeru to shinka no fansaji: Ichigenron, ekoroji, keitouju ヘッケルと進化の夢:一元論,エコロジー,系統樹 [Haeckel and the Fantasy of Evolution: Monism, Ecology, and the Genealogical Tree] Tokyo: Kousakusha, 2015. 417 pp. \3,200. East Asian Science, Technology and Society: An International Journal. 2017. 11. 297-300
もっと見る
書籍 (5件):
  • 化学史事典
    化学同人 2017 ISBN:4759818391
  • 20世紀物理学史 【下巻】-理論・実験・社会-
    名古屋大学出版会 2015 ISBN:4815808104
  • 20世紀物理学史 【上巻】-理論・実験・社会-
    名古屋大学出版会 2015 ISBN:4815808090
  • 科学・技術・倫理百科事典
    丸善出版 2012 ISBN:4621083872
  • 知っておきたい物理の疑問55-物理の基本知識を問う「疑問中の疑問」 (ブルーバックス)
    講談社 2011 ISBN:406257750X
講演・口頭発表等 (22件):
  • The Tool of Sum-over-states: Research and Pedagogy in Quantum Statistical Mechanics, 1902-1944
    (1st Conference of the International Academy of the History of Science 2019)
  • 栁瀨睦男の経歴と主要業績
    (栁瀨睦男先生帰天10周年記念フォーラム 2018)
  • 物理学史を教える:何を,なぜ,どのように?
    (日本物理学会2018年秋季大会(物性) 2018)
  • 状態和・分配関数の形成:量子統計力学の研究と教育 1902-1946
    (第65回日本科学史学会年会 2018)
  • ミクロからマクロへ,マクロからミクロへ:統計力学の歴史と哲学
    (MIPS (三田哲学会哲学・倫理学部門) 2017年度例会 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2009 - 2012 京都大学 大学院文学研究科 科学哲学科学史専修博士後期課程
  • 2007 - 2009 京都大学 大学院文学研究科 科学哲学科学史専修修士課程
  • 2003 - 2007 京都大学 文学部
学位 (1件):
  • 博士(文学) (京都大学)
経歴 (13件):
  • 2018/04 - 現在 明治大学 専任講師
  • 2019/04 - 2019/08 東京大学 非常勤講師
  • 2017/04 - 2019/03 慶應義塾大学 非常勤講師
  • 2017/09 - 2018/03 東京工業大学 非常勤講師
  • 2017/04 - 2018/03 日本大学 非常勤講師
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 日本物理学会 会誌編集委員会編集委員
  • 2018/07 - 現在 『科学哲学科学史研究』編集委員会 編集委員
  • 2017/04 - 2020/03 日本物理学会 物理学史資料委員会委員
  • 2016/05 - 2017/06 日本科学史学会 選挙管理委員会委員
所属学会 (4件):
History of Science Society ,  応用哲学会 ,  日本物理学会 ,  日本科学史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る