研究者
J-GLOBAL ID:201101076230528996   更新日: 2020年09月25日

久能(高田) 三枝子

クノウ(タカダ) ミエコ | Kuno-takada Mieko
研究分野 (1件): 日本語学
論文 (10件):
  • 高田三枝子. 東北地方における有声促音形の地理的分布:グロットグラム調査データを用いた分析. 人間文化. 2020. 35
  • 高田 三枝子. 音韻(理論・現代). 日本語の研究. 2020. 16. 2. 61-68
  • 高田 三枝子, 蛸島 直. 台湾先住民プユマにおける鳥名の音声記述と種同定. 愛知学院大学文学部紀要 = Bulletin of the Faculty of Letters of Aichi Gakuin University : 愛知学院大学論叢. 2019. 49. 35-48
  • 高田 三枝子. 方言音声研究における音響分析 : 概観と私見 (特集 方言研究のネットワーク). 方言の研究 = Studies in dialects. 2018. 4. 51-70
  • 高田 三枝子. 熊本方言の促音の音声詳細に見られる年層差・性別差. 音声研究. 2018. 22. 2. 109-121
もっと見る
MISC (10件):
  • 高田三枝子. 東北の話者における有声性に関わる音響パラメータの世代差. 2019
  • 高田 三枝子. 広瀬友紀(著)『ちいさい言語学者の冒険』岩波書店,2017. 社会言語科学. 2019. 21. 2. 69-74
  • 川原 繁人, 高田 三枝子, 松浦 年男, 松井 理直. 有声性の研究はなぜ重要なのか. 音声研究. 2018. 22. 2. 56-68
  • 松本 和子, 高田 三枝子, 松丸 真大. 多言語社会日本の言語接触に関する実証研究 : 序文(<特集>多言語社会日本の言語接触に関する実証研究). 社会言語科学. 2014. 17. 1. 1-3
  • 高田 三枝子. 日本語教育における発音指導--自律的学習能力の観点から (外国語教育学会2009年度シンポジウム 第二言語教育における発音指導--現状と問題点). 外国語教育研究. 2010. 13. 139-147
もっと見る
書籍 (1件):
  • 日本語の語頭閉鎖音の研究 - VOTの共時的分布と通時的変化
    くろしお出版 2011 ISBN:4874245013
学位 (1件):
  • 博士(学術)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る