研究者
J-GLOBAL ID:201101089058412195   更新日: 2019年11月22日

道下 幸志

ミチシタ コウジ | MICHISHITA Koji
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 静岡大学  工学部 - 電気電子工学科 
  • 静岡大学  大学院総合科学技術研究科工学専攻 - 電気電子工学コース 
研究分野 (1件): 電力工学・電力変換・電気機器
研究キーワード (2件): 雷電磁界パルス ,  雷
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2016 - 2019 電磁界観測に基づく高圧配電線雷害対策のための雷パラメータ評価手法の提案
  • 2009 - 2014 高精度配電線フラッシオーバ率評価手法の開発
  • 2001 - 高圧配電線の雷被害率予測精度向上に関する研究
論文 (36件):
  • K. Michishita, S. Yokoyama and N. Honjo. Measurement of Lightning Current at Wind Turbine near Coast of Sea of Japan in Winter. IEEE Trans. Electromagnetic Compatibility. 2019. 61. 807-814
  • M. Matsui, K. Michishita and S. Yokoyama. Characteristics of Negative Flashes With Multiple Ground Strike Points Located by the Japanese Lightning Detection Network. IEEE Trans. Electromagnetic Compatibility. 2019. 61. 751-758
  • 松井 倫弘, 道下 幸志、横山茂、佐藤智之. 東北地方の日本海沿岸における雷電荷高度と低構造物への冬季雷被害. 電気学会電力エネルギー論文誌. 2018. 138. 10. 829-836
  • 古川稔、道下幸志、横山茂、本庄暢之、松井倫弘. 気象条件と仁賀保高原風車で冬季に観測された電荷量の関係. 電気学会電力・エネルギー部門誌. 2018. 138. 6. 507-513
  • [責任著者]松井 倫弘 [共著者]道下 幸志. 負極性下向きステップトリーダの継続時間と第一帰還雷撃の電流波高値との相関. 電気学会論文誌A. 2017. 137. 8. 489-496
もっと見る
MISC (49件):
  • 静岡大学工学部電気電子工学科雷放電研究室. 電気学会論文誌B. 2011
  • 低圧配電システムの雷過電圧(解説). 電気学会論文誌B. 2011. 132. 6. 481-484
  • [責任著者]道下幸志 [共著者]梅原聡,河本伸二,前田広治. 帰還雷撃の電荷中心点及び電荷量変化の簡易推定法の提案. 電気学会論文誌B. 2011. 131. 2. 238-239
  • 低圧配電システムに発生する雷過電圧. 2010
  • 配電線雷被害メカニズムの解明と被害率予測手法の高度化. 2009
もっと見る
特許 (5件):
  • 落雷電荷量推定方法及びシステム
  • 落雷電荷量推定方法及びシステム
  • 落雷位置標定システム、及び落雷位置標定装置
  • 落雷電界量算出装置及び方法、プログラム、コンピュータ読み取り可能な記録媒体
  • 落雷電荷の高度評価装置及び方法、落雷電荷評価装置および方法、落雷電荷の高度評価プログラム
書籍 (6件):
  • 数値過渡電磁界解析手法 -サージ現象への適用
    電気学会 2008
  • 数値過渡電磁界解析手法 -サージ現象への適用
    電気学会 2008
  • 配電線雷被害メカニズムの解明と被害率予測手法の高度化
    電気学会 2009
  • 配電線雷被害メカニズムの解明と被害率予測手法の高度化
    電気学会 2009
  • 低圧配電システムに発生する雷過電圧
    電気学会 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (165件):
  • Sparkover rate of medium-voltage line due to lightning-induced voltage
    (International conference on lightning and static electricity 2005)
  • A Study of E-field Peaks Associated with Maritime Negative First Return Strokes
    (American Geophysical Union Fall Meeting 2006)
  • Estimation of Charge Transfer Based on Measurement of Vertical Electric Field
    (IEEJ-EIT Joint Symposium on Advanced Technologies on Power System 2007)
  • Characteristics of Vertical E-Field Waveforms Associated with Return-Strokes on Southeastern Sea of Kyushu in Japan
    (20th International Lightning Detection Conference 2008)
  • Estimation of Sparkover Rate of Medium-Voltage Line Due to Direct and Indirect Lightning Hits Taking Account of Statistics on Observed Return-Stroke Current
    (29th International conference on lightning protection 2008)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1986 東京大学 工学部 電気工学
  • - 1991 東京大学 工学系研究科 電気工学
学位 (2件):
  • 工学博士 (東京大学)
  • 工学修士 (東京大学)
委員歴 (19件):
  • 2016/08 - 2019/07 電気学会 委員・電気学会高圧配電線耐雷設計の技術変遷と合理化に向けた課題に対する調査専門委員会
  • 2013/12 - 2015/11 電気学会 委員・分散電源連系配電系統における雷サージ調査専門委員会
  • 2013/09 - 2014/02 電気設備学会 低圧電気設備技術基準国際化委員会
  • 2013/09 - 2014/02 電気設備学会 主査・低圧電気設備技術基準国際化委員会 発電所WG
  • 2013/01 - 2015/12 電気学会 委員長・電磁界計測による雷放電特性調査専門委員会
全件表示
受賞 (6件):
  • 2019/06 - 電気学会 電気学会第28回業績賞
  • 2017/05 - Distinguished Contribution Award
  • 2014/11 - 電気科学技術奨励賞
  • 2012/05 - 電気学会電気学術振興賞(進歩賞)
  • 1996/01 - 浜松電子工学奨励会高柳奨励賞
全件表示
所属学会 (5件):
電気設備学会 ,  電気学会 ,  アメリカ電気電子学会(The Institute of Electrical and Electronics Engineers,INC.) ,  日本大気電気学会 ,  アメリカ地球物理学会(American Geophysical Union)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る