研究者
J-GLOBAL ID:201101089316200793   更新日: 2019年12月11日

岡島 淳之介

オカジマ ジユンノスケ | OKAJIMA Junnosuke
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/26add700efe44f97df1bf5543921ce52.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/26add700efe44f97df1bf5543921ce52.html
研究分野 (3件): 熱工学 ,  流体工学 ,  生体医工学・生体材料学
研究キーワード (4件): 熱流体工学 ,  相変化 ,  沸騰 ,  冷却
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2010 - 現在 マイクロチャネル内の相変化伝熱現象の解明と応用
  • 2008 - 現在 逆問題解析による熱物性値の決定法に関する研究
  • 2005 - 現在 凍結手術用冷却器の開発
論文 (213件):
  • Junnosuke Okajima, Peter Stephan. Numerical simulation of liquid film formation and its heat transfer through vapor bubble expansion in a microchannel. International Journal of Heat and Mass Transfer. 2019. 136. 1241-1249
  • Junnosuke Okajima. Generalized solution and estimation method for cooling performance of downscaled cryoprobe. Journal of Thermal Biology. 2019. 82. 213-221
  • Junnosuke Okajima, Sangkwon Jeong, Shigenao Maruyama. Evaluation of Cooling Performance of Ultrafine Cryoprobes: Effect of Probe Structure on Thermodynamic Properties of Refrigerant. International Journal of Air-Conditioning and Refrigeration. 2018. 26
  • J. Okajima, A. Komiya, S. Maruyama. 24-gauge ultrafine cryoprobe with diameter of 550μm and its cooling performance. Cryobiology. 2014. 69. 3. 411-418
  • Anh Dinh Le, Junosuke Okajima, Yuka Iga. Modification of Energy Equation for Homogeneous Cavitation Simulation with Thermodynamic Effect. Journal of Fluids Engineering, Transactions of the ASME. 2019. 141
もっと見る
MISC (4件):
  • 岡島 淳之介, 圓山 重直. 伝熱制御による冷凍治療の高度化 (特集 次世代医療技術開発に貢献する化学工学 : 「医工連携」における化学工学). 化学工学 = Chemical engineering of Japan. 2017. 81. 3. 120-122
  • 畠山 望, 岡島 淳之介, 岡部 孝裕, 宮本 直人. スキーワックス開発を高度化する計算化学と高精度計測 (特集 冬季オリンピック・パラリンピックを支える科学技術). 化学工学 = Chemical engineering of Japan. 2018. 82. 2. 70-73
  • 圓山 重直, 守谷 修一, 岡島 淳之介. エデュケーションQ ニュートンの冷却法則(その2)ニュートンの温度スケールについての考察. 伝熱 = Journal of the Heat Transfer Society of Japan. 2018. 57. 240. 65-69
  • 岡島淳之介. マイクロチャネル内相変化伝熱による凍結手術用微小冷却器の開発. 日本機械学会熱工学部門ニュースレター. 2012. 67. 8-13
特許 (12件):
書籍 (4件):
  • Modern Cryosurgery for Cancer
    World Scientific Publishing Co. Ltd. 2012
  • Acupuncture in Modern Medicine
    Intechopen 2013
  • Science and Skiing VII
    Mayer & Mayer Sport Ltd. 2017
  • 高度物理刺激と生体応答
    養賢堂 2017
講演・口頭発表等 (252件):
  • 微小生体組織の凍結領域制御に関する研究
    (第6回日本伝熱学会学生発表会 2006)
  • Solution of bio-heat transfer equation during thermal therapies
    (Third International Conference on Flow Dynamics 2006)
  • Analytical study of temperature distribution in biological tissue
    (15th International Conference on Mechanics in Medicine and Biology 2006)
  • 腹部温熱制御機器による生体内非定常温度分布の数値解析
    (第7回日本伝熱学会学生発表会 2007)
  • 腹部温熱制御機器による生体内伝熱に関する研究
    (第44回日本伝熱シンポジウム 2007)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2006 東北大学 工学部 機械知能工学科
  • - 2011 東北大学 工学研究科 機械システムデザイン工学専攻
学位 (3件):
  • 博士(工学) (東北大学)
  • 修士(工学) (東北大学)
  • 学士(工学) (東北大学)
経歴 (2件):
  • 2015/05 - 2016/03 ダルムシュタット工科大学 客員研究員
  • 2011/04 - 現在 東北大学 流体科学研究所 助教
委員歴 (1件):
  • 2016/04 - 現在 日本航空宇宙学会北部支部 幹事
受賞 (9件):
  • 2017/04 - 一般社団法人 日本機械学会 日本機械学会奨励賞(研究)
  • 2016/12/02 - 一般財団法人 青葉工学振興会 青葉工学研究奨励賞
  • 2013/05/30 - 日本伝熱学会 日本伝熱学会 奨励賞 マイクロチャネル内強制対流熱伝達を利用した極細クライオプローブの冷却特性
  • 2016/11/04 - The Fourth International Forum on Heat Transfer Best Presentation Award
  • 2011/03/22 - 東北大学大学院工学研究科 工学研究科長賞
全件表示
所属学会 (6件):
日本伝熱学会 ,  日本混相流学会 ,  日本機械学会 ,  日本冷凍空調学会 ,  日本熱物性学会 ,  日本航空宇宙学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る