{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201202201143732994   整理番号:12A0946730

照射された新鮮なマンゴにおける電子スピン緩和の線量依存性

Dose-dependency of Electron Spin Relaxations in Irradiated Fresh Mangoes
著者 (6件):
資料名:
号: 2010-065  ページ: 3-29 (WEB ONLY)  発行年: 2011年01月
JST資料番号: U0296A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
熱帯果物への照射は,検疫処理として用いられている。最近,照射後9日間,照射された新鮮なマンゴに照射誘起のラジカルが残存することが判明した。ラジカルの寿命は,周辺の不対電子に関連するので,不対電子の相互反応が調査された。ESR分光法が,Xバンドマイクロ波周波数(9.44GHz)を用いて実行され,緩和時間と照射線量の関係が観測された。一般的に,緩和時間T1は,電子スピンと格子間の相互反応による化学結合からのエネルギー伝達に関連する。緩和時間T2は,スピン間の相互反応に関連する。それ故,T1に関して照射と非照射サンプル間で差異がないことは,化学結合を通したエネルギー伝達経路を示している。果実と皮のT2の線量依存性は,長いT2が弱い相互反応により誘発されることを示している。相互反応は,内部の電子距離に関連しているはずである。更に生体高分子中のねじれ運動は,水リッチ環境で容易である。新鮮な果物中の安定ラジカルの発見は,T2線量依存性の斬新な方法論によるγ線誘起ラジカルの把握を可能にした。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
電子スピン共鳴一般 
引用文献 (3件):
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る