特許
J-GLOBAL ID:201203029719592391

難水溶性物質の溶解方法およびその利用

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 特許業務法人SSINPAT
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2011-111480
公開番号(公開出願番号):特開2012-240949
出願日: 2011年05月18日
公開日(公表日): 2012年12月10日
要約:
【課題】ベンゼン環または複素環を有し、分子量が1,000以下である難水溶性物質の水への溶解性が向上した組成物を容易に製造すること。【解決手段】酵素処理ヘスペリジンおよび酵素処理ステビアからなる群より選ばれる少なくとも1種の酵素処理物(A)と、 非イオン性界面活性剤、アニオン性界面活性剤およびカチオン性界面活性剤からなる群より選ばれる少なくとも1種の界面活性剤(B)と、 ベンゼン環または複素環を有し、分子量が1,000以下である難水溶性物質(C)とを含んでなることを特徴とする溶解性組成物。【選択図】なし
請求項1:
酵素処理ヘスペリジンおよび酵素処理ステビアからなる群より選ばれる少なくとも1種の酵素処理物(A)と、非イオン性界面活性剤、アニオン性界面活性剤およびカチオン性界面活性剤からなる群より選ばれる少なくとも1種の界面活性剤(B)と、ベンゼン環または複素環を有し、分子量が1,000以下である難水溶性物質(C)とを含んでなることを特徴とする溶解性組成物。
IPC (27件):
A61K 9/14 ,  A61K 47/26 ,  A61K 47/46 ,  A61K 31/192 ,  A61K 47/20 ,  A61K 31/575 ,  A61K 47/18 ,  A61K 47/34 ,  A61K 31/41 ,  A61K 31/405 ,  A61K 31/64 ,  A61K 31/416 ,  A61K 31/415 ,  A61K 31/635 ,  A61K 31/519 ,  A61K 31/196 ,  A61K 31/10 ,  A61K 8/60 ,  A61K 8/97 ,  A61K 8/36 ,  A61K 8/40 ,  A61K 8/46 ,  A61K 8/63 ,  A61K 8/86 ,  A61K 8/49 ,  A61K 8/41 ,  A23K 1/16
FI (30件):
A61K9/14 ,  A61K47/26 ,  A61K47/46 ,  A61K31/192 ,  A61K47/20 ,  A61K31/575 ,  A61K47/18 ,  A61K47/34 ,  A61K31/41 ,  A61K31/405 ,  A61K31/64 ,  A61K31/4166 ,  A61K31/4152 ,  A61K31/635 ,  A61K31/519 ,  A61K31/196 ,  A61K31/10 ,  A61K8/60 ,  A61K8/97 ,  A61K8/36 ,  A61K8/40 ,  A61K8/46 ,  A61K8/63 ,  A61K8/86 ,  A61K8/49 ,  A61K8/41 ,  A23K1/16 301F ,  A23K1/16 303A ,  A23K1/16 302E ,  A23K1/16 302F
Fターム (95件):
2B150AA06 ,  2B150AA08 ,  2B150AB10 ,  2B150AE02 ,  4B018LB01 ,  4B018LB05 ,  4B018LB08 ,  4B018LB09 ,  4B018LB10 ,  4B018MD07 ,  4B018ME14 ,  4B018MF12 ,  4C076AA12 ,  4C076AA29 ,  4C076BB01 ,  4C076BB31 ,  4C076CC04 ,  4C076CC05 ,  4C076CC15 ,  4C076CC21 ,  4C076CC27 ,  4C076DD02E ,  4C076DD07E ,  4C076DD16E ,  4C076DD49E ,  4C076DD57E ,  4C076DD67E ,  4C076EE58E ,  4C083AA111 ,  4C083AA112 ,  4C083AC311 ,  4C083AC312 ,  4C083AC621 ,  4C083AC622 ,  4C083AC761 ,  4C083AC762 ,  4C083AC792 ,  4C083AC841 ,  4C083AC842 ,  4C083AC851 ,  4C083AC852 ,  4C083AD191 ,  4C083AD192 ,  4C083BB04 ,  4C083BB05 ,  4C083BB06 ,  4C083CC37 ,  4C083DD17 ,  4C083DD27 ,  4C083EE11 ,  4C086AA01 ,  4C086AA02 ,  4C086BC15 ,  4C086BC36 ,  4C086BC38 ,  4C086BC62 ,  4C086CB09 ,  4C086DA11 ,  4C086DA20 ,  4C086DA21 ,  4C086MA03 ,  4C086MA05 ,  4C086MA17 ,  4C086MA43 ,  4C086MA52 ,  4C086MA63 ,  4C086NA02 ,  4C086ZA06 ,  4C086ZA18 ,  4C086ZA42 ,  4C086ZA59 ,  4C086ZB11 ,  4C086ZB26 ,  4C086ZC33 ,  4C086ZC35 ,  4C206AA01 ,  4C206AA02 ,  4C206DA22 ,  4C206FA33 ,  4C206JA32 ,  4C206MA03 ,  4C206MA05 ,  4C206MA37 ,  4C206MA63 ,  4C206MA72 ,  4C206MA83 ,  4C206NA02 ,  4C206ZA06 ,  4C206ZA18 ,  4C206ZA42 ,  4C206ZA59 ,  4C206ZB11 ,  4C206ZB26 ,  4C206ZC33 ,  4C206ZC35
引用特許:
出願人引用 (5件)
全件表示
審査官引用 (5件)
全件表示
引用文献:
出願人引用 (1件)
  • Int J Pharmaceutics, vol.392, p.101-106 (2010)
審査官引用 (3件)
  • Int J Pharmaceutics, vol.392, p.101-106 (2010)
  • Int J Pharmaceutics, vol.392, p.101-106 (2010)
  • Int J Pharmaceutics, vol.392, p.101-106 (2010)

前のページに戻る