研究者
J-GLOBAL ID:201401073431646876   更新日: 2020年07月11日

有山 達郎

アリヤマ タツロウ | Ariyama Tatsuro
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/10436165.ja.html
研究分野 (1件): 金属生産、資源生産
研究キーワード (15件): 数値シミュレーション ,  製銑プロセス ,  高炉シミュレーション ,  高炉 ,  二酸化炭素隔離 ,  二酸化炭素削減 ,  第一原理計算 ,  アルカリ化合物 ,  固体化学吸収 ,  地球温暖化 ,  還元 ,  高炉スラグ ,  鉄鋼製造プロセス ,  炭素還元 ,  分離
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2009 - 2011 アルカリ系化合物のミクロ分散による二酸化炭素高速隔離プロセスの創製
  • 2008 - 2010 鉄鋼製造プロセスを利用したレアメタルの分離回収
論文 (114件):
もっと見る
MISC (43件):
  • 昆竜矢, 夏井俊悟, 植田滋, 井上亮, 有山達郎. MPS法による充填構造が液相挙動に与える影響の解析. 材料とプロセス(CD-ROM). 2013. 26. 2. ROMBUNNO.46
  • 菊地辰, 夏井俊悟, 昆竜矢, 植田滋, 井上亮, 有山達郎. 離散要素法を用いた充填層内の粉体運動解析. 材料とプロセス(CD-ROM). 2013. 26. 1. ROMBUNNO.16
  • 菊地辰, 夏井俊悟, 植田滋, 井上亮, 有山達郎. 高炉下部を対象とした離散要素法による充填層内の粉体運動解析. 材料とプロセス(CD-ROM). 2013. 26. 1. ROMBUNNO.PS-5
  • 昆竜矢, 夏井俊悟, 植田滋, 井上亮, 有山達郎. MPS法によるホールドアップ現象に与える融体物性の影響解析. 材料とプロセス(CD-ROM). 2013. 26. 1. ROMBUNNO.14
  • 有山達郎, 夏井俊悟, 昆竜也, 植田滋, 井上亮. 高炉モデル開発の至近の進歩と課題. 材料とプロセス(CD-ROM). 2013. 26. 1. ROMBUNNO.TO7
もっと見る
講演・口頭発表等 (51件):
  • 高炉への鉱石、コークス多量混合装入技術の開発 : 高炉への鉱石、コークス多量混合装入による低コスト、高出銑比操業技術の開発-1
    (材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting 2005)
  • 鉄内装型コークス製造プロセスの開発
    (材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting 2004)
  • 分散強化型微粉炭吹込みランスの開発
    (材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting 2004)
  • 部分還元焼結鉱の製造条件の検討 : 部分還元焼結鉱製造技術の開発-1
    (材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting 2004)
  • 擬似粒子構造に及ぼす石灰石と粉コークスの外装時間の影響
    (材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting 2004)
もっと見る
Works (5件):
  • 資源対応力強化のための革新的製銑プロセス要素技術開発
    有山達郎 2010 - 2013
  • 大型高炉の変動要因解析と物流安定化技術の検討
    有山達郎 2010 - 2012
  • 3元系構造の機能性塊成物による低炭素高炉用高速還元体の創成
    有山達郎 2010 - 2012
  • 二酸化炭素の高効率処理プロセスの開発
    有山達郎 2008 - 2009
  • 炭材、鉱石のミクロ構造を考慮した新塊成物の物理特性調査と反応モデル展開
    有山達郎 2006 - 2008
学歴 (2件):
  • 1996 - 早稲田大学博士(工学)
  • 1975 - 早稲田大学理工学研究科化学工学専攻
経歴 (6件):
  • 2013/04 - 現在 東北大学名誉教授
  • 2015/04 - 2016/03 秋田大学 客員教授
  • 2006/04 - 2013/03 東北大学 教授
  • 1984 - 2006 日本鋼管(現JFEスチール)
  • 1982 - 1984 ドイツ・アーヘン工科大学客員研究員
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2010 - 2013 日本学術振興会製銑第54委員会 委員長
  • 2009 - 2011 日本鉄鋼協会 理事
  • 2009 - 2011 日本鉄鋼協会 高温プロセス部会 部会長
  • 2009 - 2011 日本鉄鋼協会 東北支部長
  • 2004 - 2005 日本学術振興会製銑第54委員会 副委員長
受賞 (13件):
  • 2014/03 - 日本鉄鋼協会 俵論文賞
  • 2013/11 - 日本学術振興会 製銑第54委員会功労賞
  • 2012/10 - 日本鉄鋼協会 Best Reviewer 日本鉄鋼協会の学術論文査読に対する貢献
  • 2011/03 - 日本鉄鋼協会 澤村論文賞
  • 2011/03 - 日本鉄鋼協会 学術功績賞 環境との調和を目指した製銑研究
全件表示
所属学会 (3件):
日本エネルギー学会 ,  化学工学会 ,  日本鉄鋼協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る