研究者
J-GLOBAL ID:201401095432158836   更新日: 2021年06月04日

古市 尚高

フルイチ ナオタカ | Furuichi Naotaka
所属機関・部署:
ホームページURL (1件): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/50238664.ja.html
研究分野 (1件): 植物分子、生理科学
研究キーワード (17件): アルタナル酸 ,  サプレッサー ,  疾病菌 ,  抵抗性 ,  プロトンポンプ ,  ジャガイモ ,  情報受容 ,  ジャガイモ疫病菌 ,  グルカン ,  プロトンATPase ,  エリシター ,  キナーゼ ,  疫病菌 ,  [H^+]ATPase ,  植物病原菌 ,  植物毒素 ,  ソラナピロン
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 1999 - 2001 植物病原菌感染過程における植物毒素の果たす機能の経時的解析法の確立
  • 1993 - 1994 植物病原菌の抵抗性反応抑制遺伝子の解明および宿主細胞の情報受容機構の解析
論文 (14件):
  • Naotaka Furuichi Kazutoshi, Yokokawa Koji Ohnishi, Masatoshi Ohta. The Binding of Ca2+-Dependent Protein Kinase to the Suppressor of Potato Late Blight Pathogen Proved by Fluorescence Correlation Spectroscopy (FCCS)Inhibits the NADPH Oxidase and Active Oxygen Generation in Potato Cell. Journal of Plant Pathology & Microbiology. 2015. s4
  • Naotaka Furuichi. Over the Suppressor from Phytophthora infestans Single Molecule Signaling in Hypersensitive Cell Death of Host Cell against Ca2+-Dependent Protein Kinases. Journal of Plant Pathology & Microbiology. 2015. 06. 08
  • Naotaka Furuichi. PiPE, a Phytophthora-associated PAMPS from P. infestans, Binds to a Ca2+-Dependent Protein Kinase (CDPK) in Potato for the Induction of Hypersensitive Reaction. Journal of Clinical & Experimental Pathology. 2014. 04. 01
  • Naotaka Furuichi. Host Selective Toxins and Suppressor Effector from Plant Pathogens Regulate Ca2+ -Dependent Protein Kinase in the Plant Cell. Journal of Plant Pathology & Microbiology. 2012. 03. 01
  • Iwase, Y., Honma, S., Matsuzaki, M., Miyakawa, Y., Kanno, T., Ishii, K., Furuichi, N., Furukawa, K., Horigome, T. A fully automated phosphopeptide purification system for large-scale phosphoproteome analysis. Journal of Biochemistry. 2010. 147. 5. 689-696
もっと見る
MISC (40件):
  • 古市尚高, 太田雅寿. ジャガイモ疫病サプレッサーシグナル伝達機構:一分子シグナル伝達機構の解析. 日本植物生理学会年会(Web). 2019. 60th
  • 古市尚高, 横川和俊, 太田雅寿. ジャガイモ活性酸素生成遺伝子(Rboh)の発現と疫病菌PiPEエリシターによる誘導. 北陸病害虫研究会報. 2011. 60
  • 古市尚高, 横川和俊, 岡本久一, 太田雅寿. 疫病菌PiPエリシターおよびサプレッサーはジャガイモ細胞CDPKキナーゼに働きその活性を制御し細胞死の誘導および阻害を示す. 植物微生物研究会研究交流会講演要旨集. 2010. 19th
  • 古市尚高, 古市尚高, 岡村久一, 堀米恒好, 太田雅寿. 疫病菌エリシターによるジャガイモの防御反応:宿主CDPKキナーゼを介した過敏感反応の誘導機構. 北陸病害虫研究会報. 2010. 59
  • 古市尚高, 古市尚高, 横川和俊, 太田雅寿, 岡村久一, 市原民耿. トマトCa2+-依存型タンパク質キナーゼはAlternaria solaniの生成するHSTであるアルタナル酸により活性制御を受ける. 植物微生物研究会研究交流会講演要旨集. 2009. 18th
もっと見る
特許 (4件):
書籍 (1件):
  • 植物病原菌の抵抗性反応抑制遺伝子の解明および宿主細胞の情報受容機構の解析
    [古市尚高] 1995
経歴 (6件):
  • 2014/09 - 現在 University of Nevada Department of Biochemistry and Molecular Biology Professor
  • 1999/04 - 2018/03 新潟大学 農学部 助教授
  • 2014/06 - 2014/07 University of Oregon, Portland, OR, USA. Department of Plant Molecular Biology. Professor
  • 2004/05 - 2004/06 チュービンゲン大学
  • 2003/09 - 2004/04 ユタ州立大学 教授
全件表示
受賞 (3件):
  • 2002/09 - Intelligent Cosmos 科学財団 Intelligent Cosmos 研究開発賞 植物の抵抗性誘導機構の解明
  • 1984/04 - 日本植物病理学会 海外交流学術奨励賞 植物の抵抗性誘導機構の解明2
  • 1982/04 - 日本植物病理学会 海外交流学術奨励賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る