{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201402259060509030   整理番号:14A0252757

ヒトの匂いの感覚とラットの嗅球の神経活動の比較

A Comparison Between the Human Sense of Smell and Neural Activity in the Olfactory Bulb of Rats
著者 (6件):
資料名:
巻: 39  号:ページ: 91-105  発行年: 2014年02月
JST資料番号: W0815A  ISSN: 0379-864X  CODEN: CHSED8  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
22種類の匂い物質に対するヒトの嗅知覚とラットの嗅球の神経活動パターンを比較して,嗅知覚と嗅覚系の内部状態の連関を調べた。匂い物質に対するラット嗅球反応の類似性を,標準匂い物質と試験匂い物質の嗅球活動パターンの相関性,強く活動する領域の重複の割合,および活動の強さのヒストグラムの類似性を主体として定量化した。それぞれの類似性指標は,嗅覚試験で測定したヒトの嗅知覚と良好な一致を示した。ユークリッド距離を用いてそれらの指標を連結した場合に,ラットでの各指標とヒトの嗅知覚の相関性が高まった。各指標の対数線形Gauss混合ネットワークを用いた連結による匂いの類似性の予測は,ヒトの嗅知覚における匂いの類似性と比較的良く一致した。今回の結果は,ラット嗅球の反応はヒトの嗅知覚の予測に利用可能であることを示す。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
その他の感覚  ,  中枢神経系 

前のページに戻る