研究者
J-GLOBAL ID:201501065739307929   更新日: 2021年10月21日

淵田 茂司

FUCHIDA Shigeshi
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (3件): 触媒プロセス、資源化学プロセス ,  環境負荷低減技術、保全修復技術 ,  宇宙惑星科学
研究キーワード (9件): 浮遊選鉱 ,  硫化鉱物 ,  酸性坑廃水 ,  海底鉱物資源 ,  環境影響評価 ,  有機ヒ素 ,  海底熱水系 ,  化学進化 ,  アミノ酸
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2020 - 2023 海底熱水鉱床開発における廃鉱石の有害金属浸出を抑制する新規処理プロセスの検討
論文 (30件):
  • Shigeshi Fuchida, Masanobu Kawachi, Hiroshi Koshikawa. Kinetic investigation of galvanic dissolution of ZnS and PbS with FeS2 from hydrothermal sulfides in seawater. Applied Geochemistry. 2021. 129. 104963
  • Shigeshi Fuchida, Kosuke Tsuchiya, Chiharu Tokoro. Selenite and Selenate Adsorption on Low-Crystalline Magnesium Oxide Under Alkaline Conditions. Water, Air, & Soil Pollution. 2021. 232. 4
  • 淵田茂司, 田嶋翔太, 所千晴. マンガンオキシ水酸化物(γ-MnOOH)に対するカドミウム表面錯体モデルの構築と酸性坑廃水中和モデルへの応用. 環境資源工学. 2021. 67. 3. 117-121
  • Kosuke Tsuchiya, Shigeshi Fuchida, Chiharu Tokoro. Experimental study and surface complexation modeling of fluoride removal by magnesium hydroxide in adsorption and coprecipitation processes. Journal of Environmental Chemical Engineering. 2020. 8. 6
  • Yusuf O Zubair, Shigeshi Fuchida, Chiharu Tokoro. Insight into the Mechanism of Arsenic(III/V) Uptake on Mesoporous Zerovalent Iron-Magnetite Nanocomposites: Adsorption and Microscopic Studies. ACS applied materials & interfaces. 2020. 12. 44. 49755-49767
もっと見る
MISC (17件):
  • 林健太郎, 正木悠聖, 濱井昂弥, 加藤達也, 淵田茂司, 所千晴. エタノール添加系における硫酸還元菌による坑廃水処理プロセスの定量モデル化. 資源・素材学会春季大会(Web). 2020. 2020
  • 土屋宏典, 淵田茂司, 所千晴. 水酸化マグネシウムを用いた廃水中のフッ素除去機構の解明および定量モデル化. 化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM). 2020. 85th
  • 田嶋翔太, 加藤達也, 淵田茂司, 西村拓朗, 所千晴. Mn酸化物を利用したCdおよびZn除去の高効率化. 化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM). 2020. 51st
  • 門倉正和, 淵田茂司, 高谷雄太郎, 石橋純一郎, 島田和彦, 所千晴. VMS鉱床における酸性坑廃水発生メカニズムの地球化学的研究. 日本地球化学会年会要旨集(Web). 2020. 67th. 0. 27-27
  • 淵田茂司, XUE Jifeng, 石田紗菜, 所千晴. アルカリ条件下における黄鉄鉱の初期酸化溶解反応機構の速度論的考察. 日本地球化学会年会要旨集(Web). 2020. 67th. 0. 12-12
もっと見る
講演・口頭発表等 (76件):
  • 銅鉱石の浮選最適化を目的としたカルシウム溶液中における黄鉄鉱および黄銅鉱の酸化反応モデル構築
    (化学工学会第86年会 2021)
  • 酸化マグネシウムを用いた新規Mg-Al層状複水酸化物の生成プロセス開発およびSe(VI)除去性能の評価
    (化学工学会第86年会 2021)
  • パッシブトリートメント導入に向けた石灰石による酸性坑廃水中和処理シミュレーションの作成
    (資源・素材学会2021年度春季大会 2021)
  • 陸上鉱山における掘削コアを用いた酸性坑廃水発生機構の地球化学的研究
    (資源・素材学会2021年度春季大会 2021)
  • Effect of Ca2+ and OH- on pyrite oxidative dissolution and secondary minerals formation
    (第17回「資源・素材・環境」技術と研究の交流会 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2015 大阪市立大学大学院 生物地球系専攻
  • - 2010 大阪市立大学 地球学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (大阪市立大学大学院)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 早稲田大学 理工学術院 創造理工学部 環境資源工学科 講師
  • 2019/04 - 現在 国立環境研究所 共同研究員
  • 2019/04 - 2020/03 早稲田大学 理工学術院 総合研究所 次席研究員
  • 2015/04 - 2019/03 国立環境研究所 地域環境研究センター 特別研究員
  • - 2015/03 大阪市立大学 理学研究科 後期博士課程
所属学会 (5件):
アメリカ地球物理学連合 ,  日本地球惑星科学連合 ,  日本地球化学会 ,  資源素材学会 ,  資源地質学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る