研究者
J-GLOBAL ID:201501073238943933   更新日: 2022年01月05日

奥崎 文子

オクザキ アヤコ | OKUZAKI AYAKO
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 分子生物学
研究キーワード (2件): 形質転換,葉緑体 ,  ゲノム編集
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2019 - 2020 ゲノム編集によるFAD2遺伝子変異ナタネの後代における高オレイン酸系統の同定
  • - 現在 アブラナ科野菜の雑種強勢発現機構の解明
  • ゲノム編集を利用したアブラナ科植物の形質改良 個人研究
  • 葉緑体における遺伝子の転写後制御システムの解明 個人研究
論文 (20件):
もっと見る
MISC (14件):
特許 (3件):
書籍 (6件):
  • フラワー・グリーンビジネスの最新動向と市場
    シーエムシー出版 2021
  • 全人No859、玉川の仲間たち~ブロッコリー~
    玉川大学出版部 2021
  • 「ゲノム編集食品」農林水産分野への応用と 持続的社会の実現
    NTS 2021
  • 全人No847、玉川の仲間たち~シロイヌナズナ~
    玉川大学出版部 2020
  • 形質転換プロトコール【植物編】, 田部井豊 編, (「シロイヌナズナのfloral dip法による形質転換」)
    化学同人 2012 ISBN:9784759814859
もっと見る
講演・口頭発表等 (43件):
  • SD1遺伝子のゲノム編集による酒米品種「山田錦」の短稈化
    (筑波大学 つくば機能植物イノベーション研究センター 遺伝子実験センター 形質転換植物デザイン研究拠点 令和2年度 成果報告会 2022)
  • ダイコンにおける不定芽分化系の開発と遺伝子導入の試み
    (日本育種学会秋季大会(第140回講演会) 2021)
  • 酒米品種‘山田錦’の短稈化 へ向けたSD1遺伝子のゲノ ム編集
    (第38回植物バイオテクノロジー学会(つくば)大会 2021)
  • CRISPR/ Cas9法によるハツカダイコンのミロシナーゼ遺伝子への変異導入
    (日本育種学会第139回講演会 2021)
  • CRISPR/CAS9 MEDIATED GENOME EDITING OF THE SP11 GENE IN BROCCOLI
    (Frontiers in Genome Engineering 2019 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1998 - 2002 東北大学 生物生産科学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東北大学)
経歴 (9件):
  • 2015/04 - 玉川大学農学部 准教授
  • 2013/07/01 - 2015/03/31 日本学術振興会 海外特別研究員
  • 2013/07/01 - 2015/03/31 日本学術振興会 海外特別研究員
  • 2013/04 - 2013/06 農業生物資源研究所 研究支援
  • 2013/04 - 2013/06 農業生物資源研究所 研究支援
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2020/06/25 - 現在 Frontiers in Genome Editing 査読委員
受賞 (1件):
  • 2012/03 - 第121回講演会日本育種学会優秀発表賞
所属学会 (3件):
日本ゲノム編集学会 ,  日本植物バイオテクノロジー学会 ,  日本育種学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る