{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201502209314598527   整理番号:15A1270355

更新世から現在までの黒潮および対馬海流の歴史:複数のプロキシからの方法

The Pliocene to recent history of the Kuroshio and Tsushima Currents: a multi-proxy approach
著者 (8件):
資料名:
巻:号: June  ページ: 2:17 (WEB ONLY)  発行年: 2015年06月
JST資料番号: U0650A  ISSN: 2197-4284  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
黒潮はインド・太平洋暖水プールから日本へ亜熱帯水を運ぶ主要な西岸境界流で,北太平洋循環系を通してアジアの気候系を支配している。対馬海流は黒潮の枝流で日本海に暖水を運んでいる。堆積学的証拠,微化石分析,地球化学的分析などから黒潮と対馬海流の古海洋が調べられた。黒潮は300万年前までには現在の緯度35°Nに達し,水温は現在のそれよりも1~2°C低かった。この時までに弱い対馬海流が日本海に入っている。間氷期には対馬海峡の拡大によって暖水の流入は増したが,約200万年までは同じような状態が続いた。100万年前に始まった氷期間氷期サイクルが北太平洋循環系と黒潮を強め,トリガーとなった琉球環礁が氷期間氷期で現在の31°Nまで北上したり25°Nまで南下した。24°Nでの現在よりも東への黒潮の張り出しは,最終氷期最盛期に東台湾海峡が狭まったことによる。将来の地球温暖化に対して黒潮続流の北上に伴って0.3m/sくらい流れが強まるだろう。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
海洋の構造・力学・循環  ,  層位学,地史学,古地理学一般 
引用文献 (179件):
  • Amano K, Hamuro M, Sato T (2008) Influx of warm-water current to Japan Sea during the Pliocene-based on analyses of molluscan fauna from the Mita Formation in Yatsuo-machi of Toyama City. J Geol Soc Jpn 114:516-531 (in Japanese with English abstract)
  • Amano K, Ichikawa A, Koganezawa S (1988) Molluscan fauna from the Nadachi Formation around Osuga Bridge in Nadachi Town, Nishikubiki-gun. Studies on the molluscan fossils from the western part of Joetsu district, Niigata Prefecture (Part 3). Bulletin of Joetsu University of Education 7:63-75 (in Japanese with English abstract)
  • Amano K, Kanno S (1991) Composition and structure of Pliocene molluscan associations in the western part of Joetsu City, Niigata Prefecture. Fossils 51:1-14
  • Amano K, Kanno S, Ichikawa A, Yanagisawa Y (1987) Molluscan fauna from the Tanihama Formation in the western part of Joetsu City. Studies on the molluscan fossils from the western part of Joetsu district, Niigata Prefecture (Part 2). Bulletin of Joetsu University of Education 6:157-170 (in Japanese with English abstract)
  • Amano K, Kanno S, Nagai H, Sasabe N, Ban H (1990) Molluscan fauna from the Kawazume Formation in the western part of Joetsu City. Studies on the molluscan fossils from the western part of Joetsu district, Niigata Prefecture (Part 5). Bulletin of Joetsu University of Education 9:67-75 (in Japanese with English abstract)
もっと見る
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る