研究者
J-GLOBAL ID:201601016958271260   更新日: 2021年10月25日

秋光 信佳

アキミツ ノブヨシ | Nobuyoshi Akimitsu
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://www.ric.u-tokyo.ac.jp/akimitsu/
研究分野 (4件): 化学物質影響 ,  放射線影響 ,  薬系衛生、生物化学 ,  分子生物学
研究キーワード (4件): がん ,  放射線生物学 ,  生化学 ,  分子生物学
論文 (80件):
  • Yui Obata, Hiroki Nakaue, Keishiro Hirasaki, Nobuyoshi Akimitsu, Akinari Yokoya. Expression of an X-Ray Irradiated EGFP-Expressing Plasmid Transfected into Nonirradiated Human Cells. Radiation research. 2021. 196. 3. 261-271
  • Shintaro Shirahama, Kenzui Taniue, Shuhei Mitsutomi, Rie Tanaka, Toshikatsu Kaburaki, Tomohito Sato, Masaru Takeuchi, Hidetoshi Kawashima, Yoshihiro Urade, Makoto Aihara, et al. Human U90926 orthologous long non-coding RNA as a novel biomarker for visual prognosis in herpes simplex virus type-1 induced acute retinal necrosis. Scientific reports. 2021. 11. 1. 12164-12164
  • Sho Hasegawa, Tsuyoshi Inoue, Yasuna Nakamura, Daichi Fukaya, Rie Uni, Chia-Hsien Wu, Rie Fujii, Wachirasek Peerapanyasut, Akashi Taguchi, Takahide Kohro, et al. Activation of Sympathetic Signaling in Macrophages Blocks Systemic Inflammation and Protects against Renal Ischemia-Reperfusion Injury. Journal of the American Society of Nephrology. 2021. ASN.2020121723-ASN.2020121723
  • Kenzui Taniue, Nobuyoshi Akimitsu. Aberrant phase separation and cancer. The FEBS Journal. 2021
  • Kenzui Taniue, Nobuyoshi Akimitsu. Fusion Genes and RNAs in Cancer Development. Non-Coding RNA. 2021. 7. 1. 10-10
もっと見る
MISC (81件):
特許 (6件):
書籍 (3件):
  • 遺伝子発現制御機構 : クロマチン, 転写制御, エピジェネティクス
    東京化学同人 2017 ISBN:9784807909179
  • 細胞の酸化ストレス応答並びに個体発生における転写伸長因子S-IIの機能
    関水和久 2004
  • 遺伝子ノックアウトマウス作製によるプロリルエンドぺプチターゼの脳における機能解析
    秋光信佳 2002
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (九州大学)
所属学会 (6件):
日本放射線影響学会 ,  日本RNA学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本薬学会 ,  国際RNA学会 ,  日本癌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る