研究者
J-GLOBAL ID:201601017236163206   更新日: 2019年10月15日

山田 泰之

ヤマダ ヤスユキ | YAMADA Yasuyuki
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): https://www.bal-a-design.com/http://ir.c.chuo-u.ac.jp/researcher/profile/00015171.html
研究分野 (2件): 機械力学・制御 ,  デザイン学
研究キーワード (7件): ものづくり ,  機構学 ,  ソフトロボティクス ,  メカニズム ,  自動車工学 ,  ロボット工学 ,  デザインエンジニアリング
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2018 - 2019 空気圧人工筋肉を用いた蠕動運動による連続捏和・搬送技術の実用化検討
  • 2017 - 2019 長距離で複雑な小径圧送管内の保守点検を可能にする蠕動運動型ロボットの開発
  • 2016 - 2019 指行性歩行を規範とした弾性ヒールを有したハイヒールの歩行解析と設計理論の提案
  • 2017 - 2018 日常生活でのパワーアシストのための皮革を利用した空気圧人工皮膚筋肉の開発
  • 2015 - 2018 ソフトアクチュエータによる次世代型多機能搬送システム開発
全件表示
論文 (42件):
  • M. Okui, M. Kobayashi, Y. Yamada and T. Nakamura. Delta-Type 4-DOF Force-Feedback Device Composed of Pneumatic Artificial Muscles and Magnetorheological Clutch and its Application to Lid Opening. Smart Mater. Struct. 2019
  • KEJIA DAI, Yage Liu, Manabu Okui, Yasuyuki Yamada and Taro Nakamura. VariabVariable viscoelasticity handshake manipulator for physical human-robot interaction using artificial muscle and MR brakele viscoelasticity handshake manipulator for physical human-robot interaction using artificial muscle and MR brake. Smart Materials and Structures. 2019
  • 萩原大輝,只見侃朗,天川貴文, 山田泰之, 中村太郎. 航空機点検のための負圧吸着型進行波壁面移動装置の開発と走行実験”. 計測自動制御学会論文集. 2019
  • 井坂惠太,只見侃朗,藤原杏実,渡邊友貴,菅澤誠,山田泰之,吉田弘,中村太郎. ミミズの移動方法を模倣した海底探査用掘削ロボットの開発-把持トルク向上機構の提案と掘削抵抗軽減に関する研究-. 日本ロボット学会誌. 2019
  • Hirokazu Arakawa, Shun Mohri, Kazuya Yokoyama, Yasuyuki Yamada, Isao Kikutani, Taro Nakamura. Proposal of non-rotating Joint Drive Type Power Assist Suit for Lower Limbs considering Squat Lifting. Journal of Robotics and Mechatronics. 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (160件):
  • 握力と補償力を並列に伝達する把持支援装置
    (ロボティクス・メカトロニクス講演会 2010)
  • 軸流プロペラを用いた慣性要素と粘弾性要素の並列一体型機械要素
    (日本機械学会関東支部 第50回学生員卒業研究発表講演会/日本機械学会 2011)
  • Agent Morphology: Switching to Appropriate Agency using Transformable Robotic Parts
    (2012 International Workshop on Human-Agent Interaction 2012)
  • Passive walking- assistance device operated by regenerating the potential energy of the upper body
    (ICAMechS 2012)
  • 凧と小型無人陸上車両を用いた空撮法の提案
    (ロボティクス・メカトロニクス講演会 2013)
もっと見る
Works (1件):
  • Paris fashion week 2016 (autumn and winter), ANREALAGE 2016 aw
    2016 -
学歴 (3件):
  • - 2009 慶應義塾大学 理工学部 機械工学科
  • - 2011 慶應義塾大学 理工学研究科 総合デザイン工学専攻
  • - 2013 慶應義塾大学 理工学研究科 環境開放科学専攻
学位 (2件):
  • 博士(工学) (慶應義塾大学)
  • 修士(工学) (慶應義塾大学)
経歴 (8件):
  • 2011/04 - 2013/03 日本学術振興会特別研究員 DC1
  • 2013/04 - 2014/03 東京工業大学大学院理工学研究科機械宇宙システム専攻 PD研究員
  • 2013/04 - 2014/03 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科附属システムデザイン・マネジメント研究所 研究員
  • 2013/04 - 2014/03 日本学術振興会特別研究員 PD
  • 2014/04 - 2015/09 日産自動車株式会社 R&D
全件表示
受賞 (21件):
  • 2019/06 - 日本機械学会ロボメカ部門 ROBOMECH表彰(産業・応用分野)
  • 2019 - CLAWAR2019 CLAWAR Association Best Technical Paper Award (Second Prize)
  • 2018/09 - CLAWAR CLAWAR2018 CLAWAR Association Best Technical Paper Award
  • 2018/03 - 計測自動制御学会 6-25 第19回計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 SI2018優秀講演賞
  • 2018 - 東京電機大学 東京電機大学 研究・産官学連帯貢献賞
全件表示
所属学会 (5件):
日本フルードパワーシステム学会 ,  日本ロボット学会 ,  IEEE(The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc.) ,  日本機械学会 ,  計測自動制御学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る