研究者
J-GLOBAL ID:201601017702717705   更新日: 2020年09月01日

柴藤 淳子

SHIBATO JUNKO
所属機関・部署:
職名: 客員助教
研究分野 (1件): 分子生物学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2018 - 2021 PACAPによる角膜上皮創傷治癒効果とその作用機構の解明
  • 2017 - 2020 マルチオミックス解析アプローチによるDOHaD説に基づく新生児脳の解析
  • 2014 - 2017 虚血脳におけるPACAP神経保護作用効果に関わる分子的因子の同定
  • 2012 - 2015 新生児期の栄養環境変化に着目した発達障害ならびに成人期疾患発症機序の解明
論文 (84件):
  • Shibato J, Takenoya F, Hirabayashi T, Kimura A, Iwasaki Y, Toyoda Y, Hori M, Tamogami S, Rakwal R, Shioda S. Towards identification of bioactive compounds in cold vacuum extracted double cherry blossom (Gosen-Sakura) leaves. Plant signaling & behavior. 2019. 1-8
  • Yook JS, Rakwal R, Shibato J, Takahashi K, Koizumi H, Shima T, Ikemoto MJ, Oharomari LK, McEwen BS, Soya H. Leptin in hippocampus mediates benefits of mild exercise by an antioxidant on neurogenesis and memory. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2019. 116. 22. 10988-10993
  • 竹ノ谷文子, 柴藤淳子, 福本勘太, 木村愛, 平林敬浩, 塩田清二. さくらの花びらセルエクストラクトの生理機能解析〜五泉さくらの抗酸化能と生理作用〜. 日本アロアセラピー学会誌. 2019. 18
  • 竹ノ谷 文子, 三森 愛子, 平林 敬浩, 柴藤 淳子, 木村 愛, 塩田 清二. ラベンダー精油の抗ストレス作用とその成分分析 マウスおよびヒトによる解析. 日本アロマセラピー学会誌. 2018. 17. 1. 007-014
  • Randeep Rakwal, Gohei Hayashi, Junko Shibato, Saligrama A. Deepak, Seetaramanjaneyulu Gundimeda, Upendra Simha, Arunkumar Padmanaban, Ravi Gupta, Sang-Ik Han, SunTae Kim, et al. Progress toward rice seed OMICS in low-level gamma radiation environment in Iitate Village, Fukushima. Journal of Heredity. 2018. 109. 2. 206-211
もっと見る
MISC (54件):
  • 桑形 麻樹子, 柴藤 淳子, 瀬沼 美華, 等々力 舞, Rakwal Randeep, 北嶋 聡, 小川 哲郎. 新生児期低栄養曝露児の成獣期LPS曝露に対する遺伝子発現影響. The Journal of Toxicological Sciences. 2019. 44. Suppl. S302-S302
  • 竹ノ谷 文子, 木村 愛, 平林 敬浩, 塩田 清二, 柴藤 淳子, 福本 勘太, 亀井 淳三. さくら花びらの低温真空抽出液の生理機能解析 嗅覚刺激による抗酸化能とホルモン分泌作用. 日本アロマセラピー学会誌. 2019. 18. 1. 014-021
  • 守谷 友里恵, 柴藤 淳子, 平林 敬浩, 木村 愛, 千葉 義彦, 竹ノ谷 文子, 塩田 清二. 低温真空抽出法によるさくらセルエキストラクトの美白効果について. 日本薬学会年会要旨集. 2019. 139年会. 2. 157-157
  • 福本 勘太, 柴藤 淳子, 平林 敬浩, 山下 道生, 木村 愛, 岩崎 雄介, 千葉 義彦, 竹ノ谷 文子, 塩田 清二. さくらの香りによる人体への生理作用について. 日本薬学会年会要旨集. 2019. 139年会. 3. 172-172
  • 塩田 美冬, 遠藤 沙也花, 山下 道生, 平林 敬浩, 柴藤 淳子, 千葉 義彦, 竹ノ谷 文子, 塩田 清二. 汗腺不死化細胞を用いたPACAPの汗分泌促進作用について. 日本薬学会年会要旨集. 2019. 139年会. 3. 176-176
もっと見る
特許 (8件):
学位 (1件):
  • 修士
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る