{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602223381721068   整理番号:16A1350352

水素社会の実現に向けた放射線利用研究の新しい芽 高エネルギーイオンビームを利用したナノワイヤー状複合触媒の開発

著者 (2件):
資料名:
号: 141  ページ: 16-19  発行年: 2016年12月01日
JST資料番号: G0314A  ISSN: 0286-8873  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
単一粒子ナノ加工法により作成した高分子ナノワイヤをPdナノ粒子担体として利用した複合触媒繊維材料について紹介する。本作成手法は,高分子ナノワイヤ状に広がる反応性の側鎖基を起点として,前駆体金属イオンから還元反応を介して金属ナノ粒子をワイヤ上に直接形成すると同時に高分子による粒子保護を行う点に特徴がある。粒子形成の湿式還元法は,金属ナノ粒子の前駆体となる金属塩を溶液に溶かした後,単一粒子ナノ加工法により作成したポリビニルピロリドン(PVP)ナノワイヤを金属塩溶液中に浸漬した状態で,光,熱もしくは放射線により,金属イオンの還元反応を誘起し,ナノワイヤ上にAu,Ag,Pd等の金属粒子を形成する手法である。ここでは,加熱還元処理法によるPdナノ粒子の形成を紹介する。乾式還元法では,昇華性のアセチルアセテート塩を前駆体とし,高分子(高耐熱性のポリカルボシラン)ナノワイヤをテンプレートとしたPdナノ粒子直接合成法を紹介する。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
原子・分子のクラスタ  ,  その他の金属組織学  ,  気体燃料の輸送,供給,貯蔵 
引用文献 (7件):

前のページに戻る