研究者
J-GLOBAL ID:201701002146849184   更新日: 2020年09月01日

内山 愉太

ウチヤマ ユタ | Uchiyama Yuta
所属機関・部署:
職名: 特任講師
研究分野 (1件): 環境政策、環境配慮型社会
論文 (57件):
  • Jay Mar D. Quevedo, Yuta Uchiyama, Ryo Kohsaka. Perceptions of the seagrass ecosystems for the local communities of Eastern Samar, Philippines: Preliminary results and prospects of blue carbon services. Ocean and Coastal Management. 2020. 191. 105181-105181
  • Shuichiro Kajima, Yuta Uchiyama, Ryo Kohsaka. Private forest landowners’ awareness of forest boundaries: case study in Japan. Journal of Forest Research. 2020. 1-9
  • Barbara Kovács, Yuta Uchiyama, Yoshitaka Miyake, Marianne Penker, Ryo Kohsaka. An explorative analysis of landscape value perceptions of naturally dead and cut wood: a case study of visitors to Kaisho Forest, Aichi, Japan. Journal of Forest Research. 2020. 1-8
  • Jay Mar D. Quevedo, Yuta Uchiyama, Ryo Kohsaka. Perceptions of local communities on mangrove forests, their services and management: implications for Eco-DRR and blue carbon management for Eastern Samar, Philippines. Journal of Forest Research. 2020. 25. 1. 1-11
  • 井上荘太朗, 伊藤紀子, 高橋克也, 市川容子, 香坂玲, 内山愉太. 地域振興における多様な組織の連携構造 -鶴岡市における社会ネットワーク分析-. 農業経営研究. 2020. 57. 4. 19-24
もっと見る
MISC (2件):
  • 香坂 玲, 大澤 太郎, 内山 愉太. 森林環境譲与税を介した都市-農山村連携. 日本森林学会誌. 2020. 102. 2. 127-132
  • Lead Authors, Aruna Dias, Brian Johnson, Neil Stephen, A. Lopez, Jiyoon Song, Yuta Uchiyama, Contributing Authors, Michael Boyland, Karlee Johnson, et al. Chapter 4 Sustainability and Resilience in a Changing World, GEO6 Regional Assessment for Asia and the Pacific. United Nations Environment Programme. 2019. 24-31
講演・口頭発表等 (4件):
  • 国際森林政策と科学政策インターフェース:CBDと IPBESにおける在来知・伝統的知識の扱いと利益配分をめぐる議論より
    (日本森林学会大会発表データベース 2017)
  • 管理意欲の決定要因に関する考察-小松市における森林所有者の悉皆調査結果から-
    (日本森林学会大会発表データベース 2017)
  • 受粉をめぐる生態系サービスの知識伝播の分析:養蜂に関する東アジアの先行研究と国内の現地調査より
    (日本森林学会大会発表データベース 2017)
  • 木材・産地ブランドと知財管理 地域団体商標への登録状況と地理的表示の展開
    (日本森林学会大会発表データベース 2016)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る