研究者
J-GLOBAL ID:201701003668734928   更新日: 2020年09月01日

伊藤 瑛海

イトウ エミ | Ito Emi
所属機関・部署:
職名: 特任助教
論文 (14件):
  • Integration of two RAB5 groups in plants. 2018. 7. e34064
  • Takemoto K, Ebine K, Askani JC, Kruger F, Gonzalez ZA, Ito E, Goh T, Scheumacher K, Nakano A, Ueda T. Distinct sets of tethering complexes, SNARE complexes, and Rab GTPases mediate membrane fusion at the vacuole in Arabidopsis. PNAS. 2018. 115. 10. E2457-E2466
  • Evaluation of internal control genes for quantitative realtime PCR analyses for studying fruit development of dwarf tomato cultivar 'Micro-Tom'. 2018
  • Noriko Inada, Kazuo Ebine, Emi Ito, Akihiko Nakano, Takashi Ueda. Constitutive activation of plant-specific RAB5 GTPase confers increased resistance against adapted powdery mildew fungus. PLANT BIOTECHNOLOGY. 2017. 34. 2. 89-95
  • Inada N, Betsuyaku S, Shimada TL, Ebine K, Ito E, Kutsuna N, Hasezawa S, Takano Y, Fukuda H, Nakano A, et al. Modulation of plant RAB GTPase-mediated membrane trafficking pathway at the interface between plants and obligate biotrophic pathogens. Plant Cell Physiol. 2016
もっと見る
書籍 (1件):
  • 「植物細胞壁実験法」より『第4章 イメージングより 4.6 ライブセルイメージング』
    弘前大学出版 2016
講演・口頭発表等 (3件):
  • Unique machineries in regulation of vacuolar trafficking in plants
    (International Symposium on Biological Material Science -Aiming at Future Interdiciplinary Collaborations 2018)
  • 核-エンドソーム局在型エフェクターPUF3の解析
    (第5回テニュアトラック教員による創造型シンポジウム〜叡智〜 2017)
  • Cellular trafficking machneries support plants’ unique ways of living
    (The 13th JSOL Consortium International Symposium 2016)
学位 (4件):
  • Ph.D. in Science (University of Tokyo)
  • 博士(理学) (東京大学)
  • M.A. in Science (University of Tokyo)
  • 修士(理学) (東京大学)
経歴 (5件):
  • 2013/08 - 2016/01 東京大学大学院理学系研究科 特任助教
  • 2011/12 - 2013/07 東京大学大学院理学系研究科 特任研究員
  • 2010/04 - 2011/11 東京大学大学院理学系研究科 リサーチアシスタント
  • 2008/04 - 2010/03 東京大学大学院理学系研究科 日本学術振興会特別研究員
  • 2007/10 - 2008/03 東京大学大学院理学系研究科 リサーチアシスタント
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る