研究者
J-GLOBAL ID:201701017468776368   更新日: 2021年03月02日

佐藤 涼

サトウ リョウ | SATOH Ryo
所属機関・部署:
職名: 特命准教授
ホームページURL (1件): http://ts.tsuruoka-nct.ac.jp/ja/3152/特命助教-佐藤-涼/
研究分野 (3件): 分析化学 ,  有機機能材料 ,  構造材料、機能材料
研究キーワード (3件): 構造タンパク質材料 ,  イオン液体 ,  質量分析
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2019 - 2023 新しいイオン伝導経路を開拓するイオン液体型アニオンポリマー材料の開発
  • 2020 - 2021 イオンブラシを用いたウイルス不活性化オーダーメイドコーティング技術の開発
  • 2020 - 2021 新規イオン液体の極性パラメータ解明とIL添加天然高分子材料創製に向けた応用
  • 2020 - 2021 イオン液体構造を有するアイオノマーによる革新的低白金技術の研究開発
  • 2019 - 2020 新規合成されたイオン液体の極性パラメータ解明およびデータベース構築
全件表示
論文 (5件):
MISC (5件):
特許 (2件):
  • 高分子物質成形体の製造方法
  • タンパク質成形体及びその製造方法、タンパク質溶液、並びにタンパク質成形体用可塑剤
講演・口頭発表等 (7件):
  • 研究紹介:鶴岡高専の教員・技術職員によるプレゼンテーション「コンニャクグルコマンナン (KGM) の溶融成形に向けた検討」
    (2020年度長岡技術科学大学産学連携フォーラム 2020)
  • 高専GEAR5.0マテリアルネットワークの紹介
    (2020年度長岡技術科学大学産学連携フォーラム 2020)
  • 濃厚ポリマーブラシの迅速簡便な多機能化を目的とした対アニオン交換の検討
    (第30回日本MRS年次大会 2020)
  • イオン液体を成形助剤としたシルクフィブロインの乾式紡糸の開発
    (第29回日本MRS年次大会 2019)
  • イオン液体を用いた機能性タンパク質材料の創製に向けた萌芽的研究
    (第28回日本MRS年次大会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2015 東北大学大学院 生命薬科学専攻
  • - 2010 東北大学 創薬科学科
学位 (1件):
  • 博士(薬科学) (東北大学)
所属学会 (1件):
日本MRS
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る