研究者
J-GLOBAL ID:201801001212434846   更新日: 2021年08月04日

正信 聡太郎

マサノブ ソウタロウ | Masanobu Sotaro
所属機関・部署:
職名: 系長
研究分野 (1件): 船舶海洋工学
研究キーワード (9件): フローアシュアランス ,  配管摩耗 ,  スラリー移送 ,  安全性評価 ,  稼働性評価 ,  水中線状構造物 ,  海洋鉱物資源開発 ,  風荷重 ,  浮体式海洋構造物
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2021 - 2025 海底鉱物資源開発のためのフローアシュアランス分析及び圧力損失最小化技術の開発
  • 2018 - 2021 鉛直動揺する揚鉱管内の固液二相流の流路保全に関する研究
  • 2017 - 2020 近接配置した複数の鉛直大口径管の潮流下における流力弾性現象の研究
  • 2013 - 2016 海底鉱物資源開発のための傾斜/動揺管内スラリー移送に関する研究
  • 2011 - 2013 海底鉱物資源開発のための鉱物処理システムの開発
全件表示
論文 (43件):
  • Sotaro Masanobu, Satoru Takano, Shigeo Kanada, Masao Ono. Pressure Loss Due to Hydraulic Transport of Large Solid Particles in Vertical Pipes Under Pulsating Flow Conditions. Journal of Offshore Mechanics and Arctic Engineering. 2021. 143. 6. 061801-1-061801-11
  • Satoru TAKANO, Masao ONO, Sotaro MASANOBU. Evaluation Method of Pipe Wear for Development of Seafloor Massive Sulfides. Journal of JSCE. 2020. 8. 288-302
  • Satoru Takano, Sotaro Masanobu, Joji Yamamoto, Shigeo Kanada, Masao Ono, Hiroki Sasagawa. Experimental Study on Three Phase Flow in Inclined Pipe for Deep Sea Mining. Proceedings of the ASME 2020 39th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering (OMAE2020). 2020. OMAE2020-18257-1-OMAE2020-18257-7
  • Marcio Yamamoto, Tomo Fujiwara, Shigeo Kanada, Masao Ono, Satoru Takano, Joji Yamamoto, Sotaro Masanobu. The Effects of Solid-Liquid Internal Flow on the Dynamic Behavior of a Reduced-Scale Jumper for Deep-Sea Mining. Proceedings of the ASME 2020 International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering (OMAE2020). 2020. OMAE2020-18688-1-OMAE2020-18688-8
  • Sotaro Masanobu, Satoru Takano, Shigeo Kanada, Masao Ono, Hiroki Sasagawa. Experimental Investigation of Large Particle Slurry Transport in Vertical Pipes with Pulsating Flow. Proceedings of the ASME 2020 39th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering (OMAE2020). 2020. OMAE2020-18194-1-OMAE2020-18194-7
もっと見る
MISC (98件):
  • 高野慧, 正信聡太郎, 山本譲司, 金田成雄, 小野正夫. 海洋鉱物資源開発における傾斜管内の固気液三相流の移送評価. 海上技術安全研究所報告. 2020. 20. 3. 313-328
  • 高野慧, 正信聡太郎, 金田成雄, 小野正夫, 笹川広紀. 鉛直動揺管におけるスラリー移送に関する実験的研究. 日本船舶海洋工学会講演会論文集. 2020. 31. 279-282
  • 山本マルシオ, 藤原智, 金田成雄, 小野正夫, 高野慧, 山本譲司, 正信聡太郎. 固液二相流がフレキシブルホースの動的挙動に与える影響に関する実験的研究. 令和2年度(第20回)海上技術安全研究所研究発表会講演集. 2020. 119-120
  • 高野慧, 正信聡太郎, 金田成雄, 小野正夫. 鉛直動揺管内におけるスラリー移送評価. 令和2年度(第20回)海上技術安全研究所研究発表会講演集. 2020. 145-146
  • 高野慧, 正信聡太郎, 金田成雄, 小野正夫, 笹川広紀. 大粒径粒子の脈動スラリー流移送に関する研究. 日本船舶海洋工学会講演会論文集. 2019. 29. 545-548
もっと見る
特許 (13件):
もっと見る
書籍 (2件):
  • サブシー工学ハンドブック
    海文堂出版株式会社 2016
  • 船舶海洋工学シリーズ12 海洋構造物
    株式会社成山堂書店 2013
学歴 (3件):
  • 1997 - 2001 東京大学 船舶海洋工学専攻 博士課程
  • 1995 - 1997 東京大学 船舶海洋工学専攻 修士課程
  • 1989 - 1995 東京大学 船舶海洋工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (12件):
  • 2021/04 - 現在 東京海洋大学 客員准教授
  • 2017/04 - 現在 海上技術安全研究所 海洋開発系 系長
  • 2011/04 - 海上技術安全研究所 海洋開発系 深海技術研究グループ グループ長
  • 2009/08 - 2011/03 海上技術安全研究所 企画部 研究連携副主管(併任)
  • 2009/08 - 海上技術安全研究所 海洋開発系 海洋資源開発研究グループ グループ長
全件表示
委員歴 (20件):
  • 2018/02 - 現在 The American Society of Mechanical Engineers (ASME) Topic Organizer of Deepsea Mining and Ocean Resources (Ocean Space Utilization Session) for OMAE Conference
  • 2021/04 - 2023/09 日本学術会議 フロンティア人工物企画小委員会 委員
  • 2021/08 - 2023/03 日本船舶技術研究協会 甲板機械及びぎ装分科会/アンカーWG 主査
  • 2021/04 - 2023/03 日本船舶海洋工学会 論文審査委員会 審査委員
  • 2021/07 - 2022/03 国土交通省 オフショアテクノロジー評価会 委員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2021/06 - The American Society of Mechanical Engineers (ASME) 2021 OMAE Conference Appreciation Award
  • 2019/07 - (一財)エンジニアリング協会 エンジニアリング奨励特別賞 海底熱水鉱床採鉱・揚鉱パイロット試験
  • 2003/11 - 日本造船学会 ポスターセッション優秀賞 世界初!メガフロート実機自由動揺試験
所属学会 (1件):
日本船舶海洋工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る