研究者
J-GLOBAL ID:201801002643573670   更新日: 2021年06月30日

山木 将悟

ヤマキ ショウゴ | Yamaki Shogo
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (3件): 水圏生命科学 ,  応用微生物学 ,  食品科学
研究キーワード (4件): 水産食品 ,  食品衛生 ,  バクテリオファージ ,  食品微生物
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 2021 モルガン菌ファージカクテルの開発による魚肉のヒスタミン食中毒制御
  • 2019 - 2020 過酢酸製剤による水産物のヒスタミン食中毒制御法構築に関する研究
  • 2018 - 2020 腸管出血性大腸菌に感染する広宿主域ファージの感染機構の解明と食品への応用
  • 2016 - 2018 ファージセラピーによるヒスタミン食中毒制御法の構築に関する研究
論文 (10件):
MISC (5件):
書籍 (3件):
  • 食品製造・検査における芽胞・損傷菌とその検出・制御技術
    シーエムシー出版 2020
  • Seafood Safety and Quality - Chapter 5
    CRC Press 2018
  • Seafood Safety and Quality - Chapter 3
    CRC Press 2018
学歴 (4件):
  • 2014 - 2017 北海道大学 海洋応用生命科学専攻 博士後期過程
  • 2012 - 2014 北海道大学 海洋応用生命科学専攻 修士課程
  • 2008 - 2012 北海道大学 資源機能化学科
  • 2005 - 2008 北海道大麻高等学校
学位 (1件):
  • 博士(水産科学) (北海道大学)
経歴 (3件):
  • 2018/04 - 現在 北海道大学大学院水産科学研究院 海洋応用生命科学部門 助教
  • 2017/04 - 2018/03 北海道大学大学院水産科学研究院 日本学術振興会特別研究員 PD(DC2より切替)
  • 2016/04 - 2017/03 北海道大学大学院水産科学院 日本学術振興会特別研究員 DC2
受賞 (2件):
  • 2018/09 - 日本食品微生物学会 日本食品微生物学会 平成30年度論文賞 低温性ヒスタミン生成菌Morganella psychrotoleransの水産食品における分布とヒスタミン生成能
  • 2015/08 - 日本食品科学工学会 第11回若手の会 優秀ポスター企業賞 広宿主域を示すPhotobacterium damselae subsp. damselae溶菌バクテリオファージの探索とその性状
所属学会 (4件):
International Association for Food Protection ,  日本食品微生物学会 ,  日本食品科学工学会 ,  日本水産学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る