研究者
J-GLOBAL ID:201801005236878848   更新日: 2021年08月07日

佐伯 盛久

サエキ モリヒサ | Saeki Morihisa
所属機関・部署:
職名: 上席研究員
ホームページURL (1件): https://www.qst.go.jp/site/sepa-ana/
研究分野 (4件): 量子ビーム科学 ,  ナノ構造化学 ,  分析化学 ,  基礎物理化学
研究キーワード (6件): レーザープロセシング ,  X線吸収分光 ,  XAFS ,  レーザー分光分析 ,  LIBS ,  クラスター・微粒子
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - 2022 量子ビームを用いた構造改質による新奇機能性SiC系ナノ材料・複合材料の開発
  • 2015 - 2020 レーザーを使った新奇元素分離技術の開発および高レベル放射性廃液からの元素回収試験
  • 2012 - 2015 液体超薄膜レーザー誘起ブレークダウン発光分光による混合溶存元素の高感度検出
  • 2009 - 2014 新規なイミノビスアセトアミドを配位子とするTc,Re錯体の創製及びその利用
  • 2009 - 2011 レーザー光還元による微粒子生成過程を利用した難分離性元素の相互分離法開発
全件表示
論文 (60件):
  • RYUZO NAKANISHI, HIRONORI OHBA, MORIHISA SAEKI, IKUO WAKAIDA, RIE TANABE-YAMAGISHI, YOSHIRO ITO. Highly sensitive detection of sodium in aqueous solutions using laser-induced breakdown spectroscopy with liquid sheet jets. Optics Express. 2021. 29. 4. 5205-5212
  • Yuzuru Kurosaki, Ryuzo Nakanishi, Morihisa Saeki, Hironori Ohba. Ab initio MRCI study on potential energy surfaces for double Cl loss from the palladium tetrachloride anion PdCl42-. CHEMICAL PHYSICS LETTERS. 2021. 764
  • Takumi YOMOGIDA, Morihisa SAEKI, Shiori MORII, Hironori Ohba, Yoshihiro KITATSUJI. Selective Pd separation from a simulated radioactive liquid waste by precipitation using a xenon lamp irradiation for simplified procedure. Analytical Sciences. 2021
  • Ryuzo Nakanishi, Morihisa Saeki, Ikuo Wakaida, Hironori Ohba. Detection of Gadolinium in Surrogate Nuclear Fuel Debris Using Fiber-Optic Laser-Induced Breakdown Spectroscopy under Gamma Irradiation. APPLIED SCIENCES-BASEL. 2020. 10. 24
  • Morihisa Saeki, Takumi Yomogida, Daiju Matsumura, Takumi Saito, Ryuzo Nakanishi, Takuya Tsuji, Hironori Ohba. Application of augmentation method to MCR-ALS analysis for XAFS and Raman data matrices in structural change of isopolymolybdates. Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry. 2020
もっと見る
MISC (81件):
もっと見る
特許 (9件):
講演・口頭発表等 (6件):
  • レーザー微粒子化反応を利用した廃液からの貴金属回収法の開発
    (素材プロセシング第69委員会 第4分科会 第16回研究会 2020)
  • パラジウムイオン溶液中でのレーザー微粒子化反応を対象とした その場・時間分解XAFS研究
    (QST放射光科学シンポジウム 2019)
  • レーザー微粒子化反応を利用した元素分離法開発および時間分解XAFSによる反応メカニズム解明
    (第80回マテリアルズ・テーラリング研究会 2018)
  • レーザーを用いた光化学反応による元素分離法開発
    (「将来原子カシステムのための再処理技術」研究専門委員会 2018)
  • Time-resolved XAFS studies on laser-induced particle formation of palladium metal in an aqueous solution
    (日本化学会第98春季年会 特別企画「液相高エネルギープロセッシング」 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1994 - 1999 東京大学大学院
  • 1990 - 1994 早稲田大学 化学科
経歴 (6件):
  • 2016/04 - 現在 量子科学技術研究開発機構 量子ビーム科学研究部門 上席研究員
  • 2005/04 - 2016/03 日本原子力研究開発機構 研究員・研究副主幹・研究主幹
  • 2010/01 - 2011/01 ドレスデン-ロッセンドルフ研究センター 放射化学研究所 客員研究員
  • 2003/04 - 2005/03 日本原子力研究所 研究員
  • 2002/05 - 2003/03 物質・材料研究機構 特別研究員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2021/01 - 日本原子力学会 The Journal of Nuclear Science and Technology Most Cited Article Award
  • 2020/10 - 天田財団 国際会議等参加助成(レーザープロセシング)
  • 2020/03 - 田中貴金属記念財団 「貴金属に関わる研究助成金」シルバー賞 レーザー微粒子化分離による貴金属連続回収システムの構築
所属学会 (1件):
日本XAFS研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る