研究者
J-GLOBAL ID:201801015640351786   更新日: 2020年09月01日

小野寺 基之

Onodera Motoyuki
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 消化器内科学
研究キーワード (2件): 炎症性腸疾患 ,  消化器内科学
論文 (7件):
もっと見る
MISC (42件):
  • 小野寺 基之, 角田 洋一, 正宗 淳. 潰瘍性大腸炎に対するインフリキシマブ、タクロリムスによる寛解導入療法後の粘膜治癒に関する長期予後の検討. Gastroenterological Endoscopy. 2018. 60. Suppl.1. 749-749
  • 泉山 泰宏, 木村 智哉, 市川 遼, 岡本 大祐, 中野 健, 松本 信, 永井 博, 千葉 宏文, 横山 直信, 山本 勝利, et al. 当院における免疫チェックポイント阻害剤による腸炎の現状. Gastroenterological Endoscopy. 2018. 60. Suppl.1. 773-773
  • 黒羽 正剛, 志賀 永嗣, 金澤 義文, 半田 智之, 市川 遼, 小野寺 基之, 内藤 健夫, 諸井 林太郎, 木村 智哉, 遠藤 克哉, et al. 大腸ESDのこれまでとこれから 大腸ESD術中の粘膜下層線維化リスク因子についての検討 術前生検により粘膜下層の線維化をきたすのか?. 日本消化管学会雑誌. 2018. 2. Suppl. 124-124
  • 泉山泰宏, 木村智哉, 中野健, 岡本大祐, 市川遼, 永井博, 松本信, 下山雄丞, 千葉宏文, 横山直信, et al. 免疫チェックポイント阻害薬が原因と考えられた腸炎の2例. 日本消化管学会雑誌. 2018. 2. Supplement. 289-289
  • 黒羽正剛, 志賀永嗣, 金澤義文, 半田智之, 市川遼, 小野寺基之, 内藤健夫, 諸井林太郎, 木村智哉, 遠藤克哉, et al. 大腸ESD術中の粘膜下層線維化リスク因子についての検討-術前生検により粘膜下層の線維化をきたすのか?-. 日本消化管学会雑誌. 2018. 2. Supplement. 124
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る