研究者
J-GLOBAL ID:201801017297835821   更新日: 2020年10月20日

柘植 陽太

ツゲ ヨウタ | Tsuge Yota
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): https://ridb.kanazawa-u.ac.jp/public/detail.php?id=4496
研究分野 (1件): バイオ機能応用、バイオプロセス工学
研究キーワード (4件): 細胞増殖 ,  代謝工学 ,  代謝制御 ,  応用微生物学
論文 (44件):
  • Hiroto Uchikura, Koichi Toyoda, Hiroki Matsuzawa, Hikaru Mizuno, Kazuaki Ninomiya, Kenji Takahashi, Masayuki Inui, Yota Tsuge. Anaerobic glucose consumption is accelerated at non-proliferating elevated temperatures through upregulation of a glucose transporter gene in Corynebacterium glutamicum. Applied microbiology and biotechnology. 2020. 104. 15. 6719-6729
  • Katsuki Murai, Daisuke Sasaki, Shunsuke Kobayashi, Akira Yamaguchi, Hiroto Uchikura, Tomokazu Shirai, Kengo Sasaki, Akihiko Kondo, Yota Tsuge. Optimal Ratio of Carbon Flux between Glycolysis and the Pentose Phosphate Pathway for Amino Acid Accumulation in Corynebacterium glutamicum. ACS synthetic biology. 2020. 9. 7. 1615-1622
  • Hiroto Uchikura, Kazuaki Ninomiya, Kenji Takahashi, Yota Tsuge. Requirement of de novo synthesis of pyruvate carboxylase in long-term succinic acid production in Corynebacterium glutamicum. Applied microbiology and biotechnology. 2020. 104. 10. 4313-4320
  • Shunsuke Kobayashi, Hideo Kawaguchi, Tomokazu Shirai, Kazuaki Ninomiya, Kenji Takahashi, Akihiko Kondo, Yota Tsuge. Automatic Redirection of Carbon Flux between Glycolysis and Pentose Phosphate Pathway Using an Oxygen-Responsive Metabolic Switch in Corynebacterium glutamicum. ACS synthetic biology. 2020. 9. 4. 814-826
  • Yota Tsuge, Naoto Kato, Shogo Yamamoto, Masako Suda, Toru Jojima, Masayuki Inui. Metabolic engineering of Corynebacterium glutamicum for hyperproduction of polymer-grade L- and D-lactic acid. Applied microbiology and biotechnology. 2019. 103. 8. 3381-3391
もっと見る
MISC (4件):
書籍 (1件):
  • Production of Platform Chemicals from Sustainable Resources
    Springer Singapore 2017 ISBN:9789811041716
講演・口頭発表等 (17件):
  • 増殖できない高温下におけるコリネ型細菌の代謝挙動
    (第71回日本生物工学会大会 2019)
  • 高温の嫌気条件下で誘導されるコリネ型細菌のグルコース消費促進のメカニズム
    (第71回日本生物工学会大会 2019)
  • 解糖系とペントースリン酸経路への代謝フラックスの分岐比が細胞内代謝プロファイルに及ぼす影響
    (第71回日本生物工学会大会 2019)
  • 高温下におけるコリネ型細菌を用いた乳酸・コハク酸生産と新規タンパク質合成の必要性
    (第71回日本生物工学会大会 2019)
  • グルコース消費速度と代謝遺伝子の発現レベルの関係
    (第71回日本生物工学会大会 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(バイオサイエンス)
経歴 (6件):
  • 2016/02 - 金沢大学 新学術創成研究機構 助教
  • 2012/10 - 2016/01 神戸大学 自然科学系先端融合研究環 特命助教
  • 2010/07 - 2012/09 地球環境産業技術研究機構 バイオ研究グループ 研究員
  • 2007/06 - 2010/06 イェール大学 分子細胞発生生物学研究科 博士研究員
  • 2007/04 - 2008/03 日本学術振興会 特別研究員(PD)
全件表示
所属学会 (2件):
日本生物工学会 ,  日本農芸化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る