研究者
J-GLOBAL ID:201801019202339051   更新日: 2022年06月30日

末原 義之

スエハラ ヨシユキ | Suehara Yoshiyuki
所属機関・部署:
職名: 客員教授
研究分野 (1件): 整形外科学
研究キーワード (7件): 整形外科学 ,  骨軟部腫瘍 ,  肉腫 ,  プレシジョンメディシン ,  ゲノム医療 ,  ロコモティブシンドローム ,  プロテオミクス
競争的資金等の研究課題 (37件):
  • 2021 - 2028 希少がん骨軟部腫瘍の融合遺伝子と相互排他性に注目した研究開発
  • 2020 - 2023 軟部肉腫におけるキナーゼ阻害剤に対する治療抵抗性の分子機構の解明
  • 2019 - 2023 がんクリニカルシークエンス解析に基づいた「骨軟部腫瘍分子標的」の作用機序解明
  • 2019 - 2022 骨軟部腫瘍の「小胞体ストレス」機能解析に基づいた新規治療法開発
  • 2019 - 2022 微小組織多領域シークエンスによる免疫療法治療抵抗性分子機構の解明
全件表示
論文 (446件):
  • Yuya Yamashiro, Taisei Kurihara, Takuo Hayashi, Yoshiyuki Suehara, Takashi Yao, Shunsuke Kato, Tsuyoshi Saito. NTRK fusion in Japanese colorectal adenocarcinomas. Scientific Reports. 2021. 11. 1. 5635-5635
  • Satsuki Kishikawa, Takuo Hayashi, Tsuyoshi Saito, Kazuya Takamochi, Keita Sasa, Yoshiyuki Suehara, Fumiyuki Takahashi, Noriko Sasahara, Shinji Kohsaka, Kenji Suzuki, et al. Distinct properties of pure- and mixed-type high-grade fetal lung adenocarcinomas by genetic profiling and transcription factor expression. Virchows Archiv : an international journal of pathology. 2021
  • Roger S Smith, Igor Odintsov, Zebing Liu, Allan Jo-Weng Lui, Takuo Hayashi, Morana Vojnic, Yoshiyuki Suehara, Lukas Delasos, Marissa S Mattar, Julija Hmeljak, et al. Novel patient-derived models of DSRCT enable validation of ERBB signaling as a potential therapeutic vulnerability. Disease models & mechanisms. 2021
  • Kazuya Takamochi, Kieko Hara, Takuo Hayashi, Shinji Kohsaka, Fumiyuki Takahashi, Yoshiyuki Suehara, Kenji Suzuki. Programmed death-ligand 1 expression and its associations with clinicopathological features, prognosis, and driver oncogene alterations in surgically resected lung adenocarcinoma. Lung cancer (Amsterdam, Netherlands). 2021. 161. 163-170
  • Midori Ishii, Jun Ando, Satoshi Yamazaki, Tokuko Toyota, Kazuo Ohara, Yoshiki Furukawa, Yoshiyuki Suehara, Mahito Nakanishi, Kazutaka Nakashima, Koichi Ohshima, et al. iPSC-derived neoantigen-specific cytotoxic T-lymphocyte therapy for Ewing sarcoma. Cancer immunology research. 2021
もっと見る
MISC (97件):
  • 長谷川 延彦, 高阪 真路, 窪田 大介, 末原 義之, 高木 辰哉, 石島 旨章. 【骨・軟部腫瘍のマネジメント(その1)】診断 組織・遺伝子診断 骨・軟部腫瘍におけるリキッドバイオプシー. 別冊整形外科. 2021. 79. 70-74
  • 末原 義之, 林 大久生, 加藤 俊介, 齋藤 剛. 【骨・軟部腫瘍のマネジメント(その1)】診断 組織・遺伝子診断 骨・軟部腫瘍におけるがんクリニカルシークエンス. 別冊整形外科. 2021. 79. 84-95
  • 末原 義之, 長谷川 延彦, 加藤 俊介. 整形トピックス 軟部腫瘍におけるがんクリニカルシークエンス検査の比較. 整形外科. 2021. 72. 3. 238-238
  • 佐野 圭, 末原 義之, 小口 綾貴子, 佐々 恵太, 林 大久生, 栗原 大聖, 窪田 大介, 赤池 慶祐, 大久保 武人, 高木 辰哉, et al. 薬剤耐性骨肉腫に対する包括的転写開始点およびキナーゼリン酸化発現解析. 日本整形外科学会雑誌. 2021. 95. 2. S41-S41
  • 佐々 恵太, 末原 義之, 佐野 圭, 長谷川 延彦, 窪田 大介, 赤池 慶祐, 大久保 武人, 金 栄智, 林 大久生, 高木 辰哉, et al. NanoStringを用いた骨肉腫の新規治療標的遺伝子の簡易検査. 日本整形外科学会雑誌. 2021. 95. 2. S43-S43
もっと見る
特許 (6件):
学歴 (2件):
  • 2004 - 2007 順天堂大学大学院 医学研究科
  • 1994 - 2000 順天堂大学 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (順天堂大学大学院医学研究科)
経歴 (13件):
  • 2021 - 現在 国立研究開発法人科学技術振興機構 創発的研究支援事業 研究代表者
  • 2021 - 現在 順天堂大学整形外科学講座 客員教授
  • 2014/03 - 2021/01 順天堂大学医学部整形外科教室 准教授
  • 2017/01 - 2017/06 Memorial Sloan Kettering Cancer Center, NY, USA , Dept. Pathology (日本学術振興会国際共同研究加速基金派遣)
  • 2013/01 - 2014/02 順天堂大学医学部整形外科教室 助教
全件表示
委員歴 (9件):
  • 2014/11 - 2015/11 第13回 関東骨軟部腫瘍の基礎を語る会 会長
  • Japanese Journal of Clinical Oncology (JJCO) Editorial Board Member (Reviewer Board Member)
  • Journal of Orthopaedic Science (JOS) Editorial Board Member (Reviewer Board Member)
  • BMC Musculoskeletal Disorders Editorial Board Member (Reviewer Board Member)
  • 日本サルコーマ治療研究学会評議員
全件表示
受賞 (4件):
  • 2020 - 日本癌治療学会 (JSCO) 「日本癌治療学会 (JSCO) 優秀演題賞」2020年度
  • 2018 - 日本医師会 「日本医師会医学研究奨励賞」2018年度
  • 2013 - 日本癌治療学会(JSCO) 「日本癌治療学会 (JSCO) 最優秀演題賞」2013年度
  • 2008 - Connective Tissue Oncology Society (CTOS) "Connective Tissue Oncology Society (CTOS) Young Investigator Award" in 2008
所属学会 (8件):
European Society for Medical Oncology (ESMO) ,  American Society of Clinical Oncology (ASCO) ,  日本癌治療学会 ,  日本癌学会 ,  日本整形外科学会 ,  American Academy of Orthopaedic Surgeons (AAOS) ,  日本再生医療学会 ,  Orthopedic Research Society (ORS)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る