{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201802239623193811   整理番号:18A1390303

ラットモデルにおける遊離皮弁生存のための組織工学的サブミリメータ直径血管移植片【JST・京大機械翻訳】

Tissue-engineered submillimeter-diameter vascular grafts for free flap survival in rat model
著者 (6件):
資料名:
巻: 179  ページ: 156-163  発行年: 2018年
JST資料番号: C0964B  ISSN: 0142-9612  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
遊離皮弁移植のための血管移植は,非常に小さい直径で,周囲組織からの血管再生が確立されるまで血液を供給するために,約3週間にわたり特許を維持しなければならず,自己静脈移植片は金標準として作用する。0.6mm内径と5cm長さの臨床的に有用な大きさを有する人工的なサブ直径血管移植片を調製し,ラットにおける遊離皮弁の軸動脈を置換することにより評価した。新しいバイオ足場材料として選択されたラット尾動脈を超高静水圧(UHP)法を用いて脱細胞化し,界面活性剤ベースの従来法と比較した。急速な内皮化を誘導するために,移植片内腔を合成ペプチドで修飾し,内皮前駆細胞に高い親和性を有した。37°CでのUHP法とペプチド修飾は細胞外マトリックス構造を良く保存し,内腔表面でのペプチドの安定な固定化をもたらすことが分かった。これらの移植片は新生内膜形成を示し,自然血管から遠い中心位置でも3週間開存し,ラット遊離皮弁モデルにおける皮弁生存をもたらした。機能化内腔を有する組織工学血管移植片は,遊離皮弁移植における自家静脈移植片の代替として大きな将来の可能性を有する。Copyright 2018 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
医用素材 

前のページに戻る