研究者
J-GLOBAL ID:201901001235962553   更新日: 2020年10月08日

山田 佳太

Yamada Keita
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (3件): ウイルス学 ,  薬系衛生、生物化学 ,  薬系分析、物理化学
研究キーワード (6件): グライコミクス ,  ロタウイルス ,  バイオマーカー ,  分離分析 ,  質量分析 ,  糖鎖
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 2023 マイナー酸性糖鎖解析技術を用いた膵管腺癌マーカーの開発
  • 2017 - 2020 糖鎖解析技術を用いたロタウイルス宿主特異性と種間伝播の分子基盤の解明
  • 2014 - 2017 ロタウイルスサーベイランスを目指したグライコタイピング法の開発
  • 2012 - 2014 グライコミクス技術によるロタウイルスレセプターの特定と抗ウイルス薬創薬の検証
論文 (26件):
  • Keita Yamada, Koji Suzuki, Yoshihiko Hirohata, Mitsuhiro Kinoshita. Analysis of Minor Acidic N-Glycans in Human Serum. Journal of proteome research. 2020. 19. 8. 3033-3043
  • Keita Yamada, Kiyoshi Higashi, Hirohisa Nagahori, Koichi Saito. Circulating natural antibodies against 3'-sialyllactose complement the diagnostic performance of CA19-9 for the early detection of pancreatic ductal adenocarcinoma. Cancer biomarkers : section A of Disease markers. 2020. 27. 1. 121-128
  • Keita Yamada, Junko Nio-Kobayashi, Mizuho Inagaki. Screening for Components/Compounds with Anti-Rotavirus Activity: Detection of Interaction Between Viral Spike Proteins and Glycans. Methods in molecular biology (Clifton, N.J.). 2020. 2132. 585-595
  • Keita Yamada, Haruna Kayahara, Mitsuhiro Kinoshita, Shigeo Suzuki. Simultaneous Analysis of Sulfated and Phosphorylated Glycans by Serotonin-Immobilized Column Enrichment and Hydrophilic Interaction Chromatography. Analytical chemistry. 2018. 90. 14. 8387-8395
  • Hideaki Yamada, Chiemi Matsumura, Keita Yamada, Koichiro Teshima, Takashi Hiroshima, Mitsuhiro Kinoshita, Shigeo Suzuki, Kazuaki Kakehi. Combination of SDS-PAGE and intact mass analysis for rapid determination of heterogeneities in monoclonal antibody therapeutics. Electrophoresis. 2017. 38. 9-10. 1344-1352
もっと見る
書籍 (3件):
  • 糖鎖の新機能開発・応用ハンドブック : 創薬・医療から食品開発まで
    エヌ・ティー・エス 2015 ISBN:9784860434090
  • バイオ医薬品開発における糖鎖技術
    シーエムシー出版 2011 ISBN:9784781304861
  • コールドスプリングハーバー糖鎖生物学
    丸善 2010 ISBN:9784621083048
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る