研究者
J-GLOBAL ID:201901004254381412   更新日: 2020年04月30日

辻 槙一郎

TSUJI Shiichiro
所属機関・部署:
職名: 教育研究助手
研究分野 (1件): 建築史、意匠
研究キーワード (5件): 歌舞伎 ,  能楽 ,  劇場 ,  近代 ,  建築史
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2020 - 2023 近代日本における劇場計画の変容過程に関する基礎的研究
  • 2020 - 2021 近代東京・大阪の劇場建築における劇場計画の変容過程に関する研究
  • 2020 - 2021 近代東京・大阪の劇場建築における劇場計画の変容過程に関する研究
  • 2018 - 2019 近代能楽堂の観客席空間に関する研究 -観客席の領域区分の形成過程に着目して-
  • 2017 - 2018 近代能楽堂の客席空間に関する研究 -観客席の領域区分の形成過程に着目して-
全件表示
論文 (5件):
  • 辻 槙一郎. 近代能楽堂の建築意匠における日本的表現. 日本建築学会計画系論文集. 2020. 85. 770. 921-929
  • 辻 槙一郎. 能楽師を運営主体とする近代能楽専用施設における観覧領域の形成過程. 建築史学 = Journal of the Society of Architectural Historians of Japan. 2019. 73. 72-93
  • 辻 槙一郎. 近代能楽専用施設の観客席における領域区分の変容過程 靖國神社能楽堂の観客席の改修に着目して. 日本建築学会計画系論文集. 2018. 745. 535-542
  • 辻 槙一郎, 光井 渉. 明治期における能楽専用施設の観客席空間:芝能楽堂の観客席における領域区分の生成について. 日本建築学会計画系論文集. 2017. 82. 735. 1231-1237
  • 辻 槙一郎. 新出史料・靖國神社能楽堂の図面史料について. 楽劇学. 2016. 23. 30-51
MISC (2件):
  • 辻 槙一郎. 書籍紹介 小林保治・表きよし共編 石田裕写真監修『能舞台の世界』. 楽劇学. 2019. 26. 125-127
  • 辻 槙一郎. 書籍紹介 森田拾四郎写真 児玉信・池田哲夫共著『能舞台 歴史を巡る』. 楽劇学. 2019. 26. 129-132
講演・口頭発表等 (4件):
  • 大阪能楽殿における中正面の概念形成に関する考察
    (建築歴史・意匠 2016)
  • 新出史料・靖国神社能楽堂の図面史料について
    (楽劇学会大会 2016)
  • 9376 宮中能楽場関係資料の発見とその基礎的考察(日本近代:建築資料・雛形,建築歴史・意匠,学術講演会・建築デザイン発表会)
    (建築歴史・意匠 2015)
  • 9241 近代における能楽堂の成立過程について(日本近代:能楽堂・茶室,建築歴史・意匠,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)
    (建築歴史・意匠 2014)
学歴 (3件):
  • 2014 - 2019 東京藝術大学 建築研究領域 博士後期課程
  • 2012 - 2014 東京藝術大学
  • 2008 - 2012 東京藝術大学
経歴 (1件):
  • 2019/04 - 現在 東京藝術大学 美術学部建築科 教育研究助手
受賞 (3件):
  • 2019/03 - 東京藝術大学大学院美術研究科 あさかぜ賞
  • 2015/07 - 東京藝術大学美術学部建築科 平成27年度吉田五十八奨学金
  • 2013/12 - 東京藝術大学大学院美術研究科 ラウンドテーブル賞
所属学会 (3件):
建築史学会 ,  楽劇学会 ,  日本建築学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る