研究者
J-GLOBAL ID:201901004504930840   更新日: 2021年10月09日

武市 昇

タケイチ ノボル | Takeichi Noboru
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 航空宇宙工学 ,  土木計画学、交通工学
研究キーワード (10件): 航空交通管理 ,  交通管理 ,  エアモビリティ ,  無人航空機 ,  デブリ除去システム ,  スペースデブリ ,  軌道力学 ,  機械学習 ,  統計科学 ,  宇宙エレベータ
論文 (49件):
  • Noboru Takeichi, Naoki Tachibana. A tethered plate satellite as a sweeper of small space debris. Acta Astronautica. 2021. 189. 429-436
  • Takeichi, N, Hashimoto, R. Modeling of Flight Time Prediction Uncertainty for Four-Dimensional Descent Trajectory Management. 14th Air Traffic Management Research and Development Seminar. 2021
  • Hirabayashi, H, Brown, M, Takeichi, N. Feasibility study of free routing airspace operation over the North Pacific airspace. 14th Air Traffic Management Research and Development Seminar. 2021
  • Noboru Takeichi, Taiki Yamada, Atsushi Senoguchi, Tadashi Koga. Development of a flight time uncertainty model for four-dimensional trajectory management. Journal of Air Transportation. 2020. 28. 3. 134-143
  • 芹田樹, 武市昇, 原田明徳. 上昇軌道における質量推定による巡航飛行時間の予測精度向上の試み. 日本航空宇宙学会論文集. 2020
もっと見る
MISC (6件):
  • 武市昇. 宇宙エレベータ建設初期ケーブルの軌道力学とその伸展システム. 日本航空宇宙学会誌. 2015
  • 中村陽一, 武市昇, 蔭山康太. フローコリドーにおける飛行速度に基づく高密度交通流の形成. 航空管制. 2014
  • 武市昇, 中村陽一, 蔭山康太. フローコリドーの概念と運用方式の研究. 航空管制. 2014
  • 武市昇, 中村陽一, 蔭山康太. フローコリドーの運用方式の研究. 航空無線. 2013
  • 武市昇, 中村陽一, 蔭山康太. フローコリドーの概念と実用化への課題. 日本航空宇宙学会誌. 2012
もっと見る
特許 (3件):
講演・口頭発表等 (41件):
  • Modeling of Flight Time Prediction Uncertainty for Four-Dimensional Descent Trajectory Management
    (14th Air Traffic Management Research and Development Seminar 2021)
  • Feasibility study of free routing airspace operation over the North Pacific Airspace
    (14th Air Traffic Management Research and Development Seminar 2021)
  • A Space Debris Removal Strategy using a Collision with Small Relative Velocity
    (71st International Astronautical Congress, CyberSpace Edition 2020)
  • Traffic Capacity Increase in Layered UTM Airspace through Traffic Rule Improvement
    (Asia Pacific International Symposium on Aerospace Technology 2019)
  • Accuracy Improvement of Optimal Trajectory-based Trajectory Prediction using Estimated Aircraft Mass
    (Asia Pacific International Symposium on Aerospace Technology 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1997 - 2002 東京大学大学院 航空宇宙工学専攻修士課程/博士課程
  • 1993 - 1997 東京大学 航空宇宙工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (4件):
  • 2015 - 現在 東京都立大学 航空宇宙システム工学域 准教授・教授
  • 2008 - 2015 名古屋大学 航空宇宙工学専攻 講師・准教授
  • 2006 - 2008 電子航法研究所 研究員
  • 2002 - 2006 宇宙開発事業団(2003年より宇宙航空研究開発機構) 研究員
委員歴 (27件):
  • 2021 - 現在 国土交通省 航空局, 航空機運航のDX推進に向けた連携会議 委員
  • 2021 - 現在 国土交通省 航空局, 費用対効果分析手法の改善に関する調査委員会 委員
  • 2020 - 現在 国土交通省 航空局, 航空機運航分野におけるCO2削減に関する検討会 委員
  • 2019 - 現在 NEDO, 遠隔からの機体識別および有人航空機との空域共有に関する研究開発有識者委員会 委員
  • 2019 - 現在 総務省, 多様化する空域での電波利用技術に関する国際標準化のための対処方針検討会 委員
全件表示
受賞 (9件):
  • 2021/09 - 14th Air Traffic Management Research and Development Seminar Best Paper in the ATM Performance Measurement and Management Track
  • 2019 - 13th Air Traffic Management Research & Development Seminar Best Paper in the Surveillance Track
  • 2015 - 日本航空宇宙学会 第24回日本航空宇宙学会学会賞(論文賞)
  • 2008 - IEEE AES Japan Chapter 2008 IEEE AES Japan Chapter Best Paper Award
  • 2006 - 第50回宇宙科学技術連合講演会 若手奨励賞
全件表示
所属学会 (5件):
IEEE ,  AIAA ,  電子情報通信学会 ,  土木学会 ,  日本航空宇宙学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る