研究者
J-GLOBAL ID:201901004625020426   更新日: 2020年10月22日

望月 麻友美

モチヅキ マユミ | Mayumi Mochizuki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 生体医工学 ,  科学社会学、科学技術史
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2018 - 2021 社会的課題解決を目指す研究におけるコミュニケーションギャップ-EUの助成を例に-
  • 2016 - 2017 欧州における科学技術・学術政策と研究機関による戦略的パートナーシップに関する調査
  • 2003 - 2005 ラミニン活性ペプチドを用いた人工基底膜の創製
論文 (27件):
  • Mayumi Mochizuki, Esra Güç, Anthony J. Park, Ziad Julier, Priscilla S. Briquez, Gisela A. Kuhn, Ralph Müller, Melody A. Swartz, Jeffrey A. Hubbell, Mikaël M. Martino. Growth factors with enhanced syndecan binding generate tonic signalling and promote tissue healing. Nature Biomedical Engineering. 2020. 4. 4. 463-475
  • Mikaël M. Martino, Federico Tortelli, Mayumi Mochizuki, Stephanie Traub, Dror Ben-David, Gisela A. Kuhn, Ralph Müller, Erella Livne, Sabine A. Eming, Jeffrey A. Hubbell. Engineering the growth factor microenvironment with fibronectin domains to promote wound and bone tissue healing. Science Translational Medicine. 2011. 3. 100
  • Seung Tae Lee, Jung Im Yun, Yun Suk Jo, Mayumi Mochizuki, André J. van der Vlies, Stephan Kontos, Jong Eun Ihm, Jeong M. Lim, Jeffrey A. Hubbell. Engineering integrin signaling for promoting embryonic stem cell self-renewal in a precisely defined niche. Biomaterials. 2010. 31. 6. 1219-1226
  • Mikaël M. Martino, Mayumi Mochizuki, Dominique A. Rothenfluh, Sandra A. Rempel, Jeffrey A. Hubbell, Thomas H. Barker. Controlling integrin specificity and stem cell differentiation in 2D and 3D environments through regulation of fibronectin domain stability. Biomaterials. 2009. 30. 6. 1089-1097
  • Ryuji Masuda, Mayumi Mochizuki, Kentaro Hozumi, Akira Takeda, Eiju Uchinuma, Shohei Yamashina, Motoyoshi Nomizu, Yuichi Kadoya. A novel cell-adhesive scaffold material for delivering keratinocytes reduces granulation tissue in dermal wounds. Wound Repair and Regeneration. 2009. 17. 1. 127-135
もっと見る
MISC (1件):
  • Mayumi Mochizuki, Yuichi Kadoya, Motoyoshi Nomizu. Laminin active peptides as a powerful tool for biomedical materials. Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme. 2005. 50. 4. 374-382
講演・口頭発表等 (10件):
  • WPI拠点における基礎研究を支える新しい産学共創と学内への横展開
    (第2回研究大学コンソーシアム 2018)
  • 大阪大学におけるトランスファラブル・スキルズ・ワークショップの取り組み -Vitae RDFに基づいた体系化と学内連携による実践-
    (関西地区FD連絡協議会 2018)
  • 研究における戦略的パートナーシップマネジメントと、政策との関係性: 欧州の事例と考察
    (研究・イノベーション学会第32回年次大会 2017)
  • 研究の国際展開と学内環境ー大学のグローバル化の中のURAの役割
    (RA協議会第3回年次大会 2017)
  • 外部資金獲得支援のスキル向上を目的としたトレーニング手法等についての検討
    (RA協議会第3回年次大会 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2005 北海道大学
  • - 2003 北海道大学
  • - 2001 北海道大学 生物科学科 高分子機能学専攻
経歴 (6件):
  • 2017/04/01 - 現在 大阪大学 経営企画オフィス 准教授
  • 2016/04/01 - 2017/03/31 大阪大学 経営企画オフィス 特任講師(常勤)
  • 2012/10/01 - 2016/03/31 大阪大学 大型教育研究プロジェクト支援室 特任講師(常勤)
  • 2006/04 - 2011/11 Ecole Polytechnique Federal de Lausanne, Scientist
  • 2005/10 - 2006/03 北海道大学大学院地球環境科学研究科((独)日本学術振興会・特別研究員(PD))
全件表示
所属学会 (1件):
研究・イノベーション学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る