研究者
J-GLOBAL ID:201901007485494529   更新日: 2020年08月24日

丹羽 史尋

ニワ フミヒロ | Niwa Fumihiro
所属機関・部署:
職名: Postdoc
研究分野 (4件): 生物物理学 ,  細胞生物学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般
研究キーワード (3件): 神経細胞生物学 ,  生物物理学 ,  神経科学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2016 - 2017 興奮性シナプス入力による抑制性シナプス可塑性制御機構の解明
  • 2016 - 2017 神経興奮による抑制性シナプス可塑性制御機構の解明
  • 2012 - 2015 抑制性シナプス制御機構の解明
  • 2013 - 2015 GABA作動性シナプス制御機構の解明
論文 (11件):
もっと見る
MISC (3件):
  • Hiroko Bannai, Fumihiro Niwa, Misa Arizono, Antoine Triller. Molecular mechanism underlying the inhibitory synaptic plasticity revealed by single molecule imaging. JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES. 2013. 63. S33-S33
  • M. Arizono, H. Bannai, K. Nakamura, F. Niwa, M. Enomoto, T. Matsu-ura, A. Miyamoto, M. W. Sherwood, T. Nakamura, K. Mikoshiba. Receptor-selective diffusion barrier enhances sensitivity of astrocytic processes to metabotropic glutamate receptor stimulation. JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY. 2012. 123. 116-116
  • F. Niwa, H. Bannai, M. Arizono, K. Fukatsu, A. Triller, K. Mikoshiba. Gephyrin-independent GABAAR mobility and clustering during plasticity. JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY. 2012. 123. 59-60
学歴 (2件):
  • 2007 - 2012 東京大学 メディカルゲノム専攻
  • 2003 - 2007 東京大学 生物学科
学位 (1件):
  • Ph. D (University of Tokyo)
経歴 (5件):
  • 2017/10 - 現在 INSERM, Institut national de la santé et de la recherche médicale IBENS, Institut de Biologie de l'Ecole Normale Superieure postdoc
  • 2016/10 - 2017/09 フランス政府給費留学生 postdoc
  • 2016/04 - 2017/03 東洋紡バイオテクノロジー財団 研究助成 postdoc
  • 2012/06 - 2016/03 理研 脳科学総合研究所 研究員
  • 2012/10 - 2015/09 理研 脳科学総合研究所 基礎科学特別研究員
所属学会 (2件):
日本神経科学学会 ,  日本生物物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る