研究者
J-GLOBAL ID:201901013746290497   更新日: 2020年05月23日

中村 玉美

Nakamura Tamami
所属機関・部署:
論文 (8件):
  • 中村 玉美. 加齢がヒト心筋幹細胞の量と質に与える影響. 山口医学. 2019. 68. 1. 13-22
  • Takeuchi Y, Morikage N, Matsuno Y, Nakamura T, Samura M, Ueda K, Harada T, Ikeda Y, Suehiro K, Ito H, Sakata K, Hamano K. Midterm Outcomes of Endovascular Aortic Aneurysm Repair with Carbon Dioxide-Guided Angiography. Annals of vascular surgery. 2018. 51. 170-176
  • Tanaka Y, Shirasawa B, Takeuchi Y, Kawamura D, Nakamura T, Samura M, Nishimoto A, Ueno K, Morikage N, Hosoyama T, Hamano K. Autologous preconditioned mesenchymal stem cell sheets improve left ventricular function in a rabbit old myocardial infarction model. American journal of translational research. 2016. 8. 5. 2222-2233
  • Nakamura T, Ito H, Sakata K, Kobayashi Y. Rapidly progressing left atrial hemangiopericytoma. Asian cardiovascular & thoracic annals. 2015. 23. 9. 1056-1059
  • 中村 玉美, 須藤 学拓, 小林 成紀, 玉井 允, 上田 和弘, 濱野 公一. 混合型大細胞神経内分泌癌と紡錘細胞癌の異時性多発肺癌に対する1手術例. 日本呼吸器外科学会雑誌. 2014. 28. 6. 718-724
もっと見る
講演・口頭発表等 (19件):
  • 80歳以上の肺癌症例に対する周術期管理と成績 intensiveな管理は必要か?
    (日本呼吸器外科学会雑誌 2019)
  • 80歳以上の高齢肺癌症例に対する手術成績
    (日本外科学会定期学術集会抄録集 2019)
  • 緩徐増大を示した十二指腸乳頭部癌多発肺転移の1切除例
    (肺癌 2019)
  • 胸腔鏡下解剖学的肺切除術後の遷延性肺瘻(5日以上)の危険因子
    (日本内視鏡外科学会雑誌 2018)
  • 加齢がヒト心筋幹細胞の量と質に与える影響
    (山口医学 2018)
もっと見る
受賞 (1件):
  • 2017 - 山口大学医学会 中村賞 加齢がヒト心筋幹細胞の量と質に与える影響
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る