{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201902264509797981   整理番号:19A0255899

バイオ系官能性スチレンのスケーラブル合成 カフェー酸から保護されたビニルカテコールおよびその制御されたラジカルおよびアニオン重合【JST・京大機械翻訳】

Scalable Synthesis of Bio-Based Functional Styrene: Protected Vinyl Catechol from Caffeic Acid and Controlled Radical and Anionic Polymerizations Thereof
著者 (3件):
資料名:
巻:号: 11  ページ: 13681-13686  発行年: 2018年
JST資料番号: W5047A  ISSN: 2168-0485  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
天然に豊富なカフェイン酸,その構造中にカテコール基を有するけい皮酸誘導体を,容易で拡張可能な脱炭酸および保護反応により,一連の保護ビニルカテコール(VC)誘導体に定量的に変換した。得られた重合体の反応速度と分子量分布は単量体上の保護基に依存していたが,保護されたVCの制御されたラジカル重合は,適切な可逆的付加フラグメンテーション連鎖移動剤またはアルコキシアミンを用いて良く進行した。VCsのアニオン重合も,-78°CでTHF中の開始剤としてsec-ブチルリチウムを用いて,適切な保護基(-SiMe_2tBuまたは-SiiPr_3)で達成された。さらに,得られた重合体の戦術は,アニオン重合における単量体上の重合と保護基の条件を変えることによって制御できた。Copyright 2019 American Chemical Society All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
共重合 
物質索引 (4件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る