{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201902291133540751   整理番号:19A0183821

学習者個別の情報付与と他者への公開を可能とするデジタルバッジアドオンの開発

Development of a Digital Badge Add-on for Linking with Individual Learners’ Information and Publishing to Others
著者 (6件):
資料名:
巻: 36  号:ページ: 28-33(J-STAGE)  発行年: 2019年
JST資料番号: L2602A  ISSN: 1341-4135  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
・教育実践では,学習目標の習得度で個別学習者の成長を評価・支援することが重要だが,現状は授業や研修に出席したという事実や,学習目標を網羅してないテストを受験・合格したという根拠で修了を認定。
・デジタルバッジは教育プログラム終了を認定する仕組の1つ。
・デジタルバッジに期待される活用法は達成動機づけだけではなく,修了証明と学習者個別の成果物をリンクさせ,学習目標の達成を証拠と共に提示し,それをSNS等で他者と共有する,つまり教育終了後の学習成果の活用が可能になること。
・修了認定と学習成果物をリンクする上でLMS(学習管理システム)利用が有効だが,バッジとリンクする機能は実装されておらず,成果物の共有は困難。
・本研究はデジタルバッジとLMSに蓄積された学習者個別の成果物と教師からのフィードバックをリンク付け,第三者にも公開できるアドオンを開発。
・公開講座で試行し,学習者が本機能を利用できることを確認。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
計算機システム開発  ,  科学技術教育 
引用文献 (11件):
もっと見る
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る