{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:202002254080846560   整理番号:20A1681151

環境とプラスチック 5 海洋プラスチック 過去の理解と将来予測

著者 (1件):
資料名:
巻: 73  号:ページ: 613-615  発行年: 2020年08月01日
JST資料番号: F0107A  ISSN: 0022-7684  CODEN: KAKTAF  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
2004年にマイクロプラスチックという用語が誕生して以来,海洋プラスチックに関する研究論文数は指数関数的に増加している。2015年以降には,各国や様々な国際機関から野心的な政策や戦略が打ち出されている。このような背景のもと第8回のCS3はScience to Enable Sustainable Plasticsを主題にロンドン王立化学協会で開催された。本稿では,社会から海洋へ流出するプラスチック量を削減するための考え方とその中でのEnvironmental Degradation Plasticsの位置付けについて触れたのち,第4分科会での議論を踏まえながら,海洋プラスチックの将来影響予測を実現するための技術的な課題について紹介する。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
高分子廃棄物処理  ,  海洋汚濁 
引用文献 (3件):
  • R. C. Thompson et al., Science 2004, 304, 838.
  • R. Geyer, J. R. Jambeck, K. L. Law, Science Advanc-es 2017, 3, e1700782.
  • Science to enable sustainable plastics A white pa-per from the 8th Chemical Sciences and Society Summit (CS3) (2020) : rsc.li/progressive-plastics-report.
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る