研課題
J-GLOBAL ID:202104004537405015  研究課題コード:1112004

iPS細胞と生命機能

実施期間:2008 - 2016
実施機関 (1件):
研究総括: ( , 発生再生科学総合研究センター )
研究概要:
本研究領域は、日本発となるiPS細胞を樹立する技術によって大きなブレークスルーがもたらされると考えられる分野、すなわち、細胞のリプログラミング、分化転換、幹細胞生物学などを対象とします。 これまでにはない自由で創意に満ちた発想による基礎研究とともに、医療などに将来貢献できる基礎研究も対象とします。 具体的には、 1)リプログラム機構の分子レベルでの解析に基づくリプログラミング技術の高度化・簡便化、 2)幹細胞分化転換過程の解析と人的調節、 3)iPS細胞を用いたエピジェネティック過程の分子機構解析、 4)iPS細胞を駆使する疾患発症機構の解析、 5)ヒト疾患モデルの構築などの研究が含まれます。 これら研究の成果は、疾患の原因の解明や新治療薬の開発に寄与するとともに、 倫理的問題や拒絶反応のない細胞移植療法の実現に向けて貢献できるものと信じています。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:
従属研究課題 (30件):

前のページに戻る