Rchr
J-GLOBAL ID:201301089436078112   Update date: Aug. 04, 2014

Ohba Zenjiro

オオバ ゼンジロウ | Ohba Zenjiro
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/90359654.ja.html
Research field  (3): Software ,  Safety engineering ,  Social systems engineering
Research keywords  (10): 自動生成システム応用 ,  CSP(Communicating Sequential Process) ,  言語 ,  コミュニケーション ,  工学 ,  サポートシステム ,  工学・技術教育 ,  3D ,  社会 ,  産学連携技術者育成
Papers (2):
  • 大場 善次郎. 産学連携による学生の実践力向上に向けた教育プログラムの現状と課題. 日本工学教育協会(第60回年次大会). 2013
  • 大場 善次郎. 高度IT人材育成に関する韓国視察報告(報告). 情報処理学会. 2013. Vol.54. No6
MISC (10):
  • An Observation Trip Report about Modern Industry : University Co-operative Education in Republic of Korea. 2013. 54. 6. 626-629
  • Ohba Z, Ozaki H, Tsubaki K, Ohmaki K, Adachi Y, Yamagiwa M. 7-333 Development of Co-operative Education on Information Processing Technology between Academia and Industry for Encouragement of Theoretical and Practical Capability of Students. 2012. 24. 60. 694-695
  • 大場 善次郎. 明日への試み 東洋大学総合情報学部 情報システムを先導する人材を. 大学時報. 2010. 59. 330. 100-103
  • 大場 善次郎. 第3回研究会 第2部 講演 産学連続化による人材育成 (地域金融機関IT研究会 平成20年度研究テーマ 地域金融機関におけるシステム部門の人材育成). 金融情報システム. 2009. 83-91
  • OHBA Zenjiro, OKUNO Taku, HATAKEYAMA Yasuhiro. 8-217 A Development of Advanced IT Engineers in the Information Engineering School (Part 1) : Lectures and Trainings cooperated between the Companies and the School. 2005. 17. 452-453
more...
Patents (3):
Lectures and oral presentations  (10):
  • ウルグアイ・ブラジル海外出張報告
    (第13回CSP研究会 2013)
  • 韓国の産学連携人材育成~融合型人材育成に着目して~
    (経団連産学連携人材育成部会 2013)
  • 改めて産学連携人材育成について~海外の産学連携人材育成調査から~
    (enPIT(ネットワーク型人材育成) 2013)
  • 産学連続化教育とは何か
    (日本情報処理学会第75回全国大会 2013)
  • ASEAN調査報告書~タイ・シンガポールの実景企業の現状~
    (研究産業・産業技術振興協会 2013)
more...
Work history (6):
  • 2009/06 - 現在 The University of Tokyo Emeritus Professor
  • 2009/04 - 現在 Toyo University Faculty of Information Sciences & Arts Professor
  • 2002/04 - 2009/03 The University of Tokyo
  • 2003/04 - 2007/03 Hokkaido University
  • 1994/06 - 2002/03 新日鉄情報通信システム(株) 大分支社 支社長('99~取締役)
Show all
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page