Rchr
J-GLOBAL ID:200901017654567075   Update date: May. 19, 2021

Takahashi Yuzo

タカハシ ユウゾウ | Takahashi Yuzo
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Homepage URL  (1): http://oshe.hfce.info.hiroshima-cu.ac.jp/
Research field  (11): Business administration ,  Hygiene and public health (non-laboratory) ,  Hygiene and public health (laboratory) ,  Hygiene and public health (non-laboratory) ,  Hygiene and public health (laboratory) ,  Safety engineering ,  Social systems engineering ,  Design ,  Experimental psychology ,  Cognitive sciences ,  Human interfaces and interactions
Research keywords  (4): Occupational Safety Health and Ergonomics ,  Occupational Health ,  engineering Psychophysioligy ,  Ergonomics
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2019 - 2022 仮現運動による視知覚空間の歪みを是正するインタフェース・デザインに関する研究
  • 2016 - 2019 自発的・持続的な学習を誘う良いエクスペリエンスを醸成する情報提示方法に関する研究
  • 2015 - 2016 視覚情報の印象評価に寄与する瞬間提示される情報数の最適化シミュレーション
  • 2013 - 2016 腰部の回転運動を抑制しない立位作業補助椅子開発のための基礎的検討
  • 2013 - 2014 作業面の高さが手先の動作精度や下肢への筋負担に及ぼす影響
Show all
Papers (31):
more...
MISC (3):
Books (5):
  • Journal of Ergonomics in Occupational Safety and Health
    産業保健人間工学会 2013
  • Chapter11 Optical Illusions and Its Application to Human Interface
    創成社 2009
  • 第3章 身近になったコンピュータ環境に潜む落とし穴,デジタルコンセプト時代のQWL-情報化時代の健康マネジメント-
    労働調査会 2005
  • Chapter9 被服デザインとそのフィットテスト,人体計測マニュアル
    朝倉書店 2003
  • 4.4.3 他覚的評価手法(4章 労働負荷・負担の評価と表現法),労働衛生スタッフのための 職場復帰の理論と実際
    中央労働災害防止協会 1997
Lectures and oral presentations  (110):
  • 強制二択式選好判断における注視行動推定アルゴリズムの開発
    (第54回人類働態学会全国大会 2020)
  • 応答曲面法を用いたチームのフォーメーション重心推定の試み
    (人類働態学会⻄日本地方会第44回大会 2019)
  • 独立成分分析を用いた重心動揺に含まれる視覚性立ち直り反射成分抽出の試み
    (第48回人類働態学東日本地方会 2019)
  • チーム行動の幾何学的特徴を用いた協調行動ダイナミクスの定量的検討
    (産業保健人間工学会第24回大会 2019)
  • 知覚される仮現運動の運動方向が線分の長さの知覚精度に及ぼす影響
    (第54回人類働態学会全国大会 2019)
more...
Education (5):
  • 1995 - 2000 University of Occupational and Environmental Health,Japan Major in Physiological Informatics
  • 1995 - 2000 University of Occupational and Environmental Health,Japan Major in Physiological Informatics
  • 1992 - 1994 Ibaraki University 文化構造専攻
  • 1992 - 1994 Ibaraki University 文化構造専攻
  • 1988 - 1992 Kanagawa University Department of Industrial Management
Professional career (3):
  • Master of Arts (Ibaraki University)
  • Doctor of Philosophy in Engineering (Chiba Institute of Technology)
  • 博士(工学) (千葉工業大学)
Work history (3):
  • 2007/04/01 - 広島市立大学大学院情報科学研究科・助教
  • 2000/04/01 - 2007/03/31 広島市立大学情報科学部・助手
  • 1998/04/01 - 1999/07/31 北九州市立看護専門学校・非常勤講師(人間工学)
Committee career (8):
  • 2019/05 - 2021/10 産業保健人間工学会 理事
  • 2018/07/01 - 2020/06/30 人類働態学会 第25期理事
  • 2017/07/01 - 2019/05/31 日本経営工学会 第34期論文誌編集員
  • 2016/07/01 - 2018/06/30 人類働態学会 第24期理事
  • 2011/06 - 2012/05 日本人間工学会 ニーズ対応委員会 委員
Show all
Awards (3):
  • 2020/10/31 - 人類働態学会 第55回人類働態学会全国大会優秀発表賞 強制二択式選好判断における注視行動推定アルゴリズムの開発
  • 2017/03/22 - 公立大学法人広島市立大学 公立大学法人広島市立大学 教員表彰(教育)
  • 2012/11/25 - 広島市安佐南区役所市民部地域起こし推進課 第3回あさみなみ まちづくりアイデアコンテスト第4位 ヒヤリ・ハット=危険?-交差点の安全のための提案-
Association Membership(s) (7):
Human Ergology Society ,  The Japanese Association of Traffic Psychology ,  Society for Occupational Safty, Health and Ergonomics ,  Japan Industrial Management Association ,  Japan Society for Occupational Health ,  Human Interface Society ,  Japan Ergonomics Society
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page