Rchr
J-GLOBAL ID:201001010834145400   Update date: Jun. 16, 2021

Ueno Satoshi

Ueno Satoshi
Affiliation and department:
Other affiliations (2):
Research field  (5): Hygiene and public health (non-laboratory) ,  Hygiene and public health (laboratory) ,  Healthcare management, medical sociology ,  Medical equipment testing ,  Biological, health, and medical informatics
Research keywords  (10): 標準化 ,  オープンサイエンス ,  研究方法論 ,  医療情報 ,  希少疾患 ,  レジストリ ,  臨床研究 ,  データ標準 ,  データマネジメント ,  CDISC標準
Research theme for competitive and other funds  (13):
  • 2021 - 2024 リアルワールドエビデンスの薬事制度化での利活用促進と国際規制調和に向けての課題整理と国内におけるあるべき体制の提言に向けた研究
  • 2020 - 2023 痙攣性発声障害レジストリを活用した診断基準及び重症度分類のバリデーション評価研究
  • 2020 - 2022 痙攣性発声障害疾患レジストリを利用した診断基準及び重症度分類の妥当性評価と改訂に関する研究
  • 2018 - 2022 Development of central monitoring method to improve clinical trial efficiency
  • 2018 - 2021 リアルワールドデータ等の新たなデータソースの規制上の利用等とその国際規制調和に向けた課題の調査・整理等に関する研究
Show all
Papers (14):
MISC (28):
  • 上野悟. 痙攣性発声障害疾患レジストリ開発と運用に関する研究. 痙攣性発声障害疾患レジストリ開発と運用に関する研究 令和元年度 総括研究報告書. 2020
  • 水島洋, 佐藤洋子, 星佳芳, 緒方裕光, 上野悟, 木村映善. 社会構造の変化を反映し医療・介護分野の施策立案に効果的に活用し得る国際統計分類の開発に関する研究 ICD-11に関する情報提供と情報連携の必要性. 社会構造の変化を反映し医療・介護分野の施策立案に効果的に活用し得る国際統計分類の開発に関する研究 令和元年度 総括・分担研究報告書(Web). 2020
  • 佐藤洋子, 星佳芳, 水島洋, 上野悟, 木村映善. 社会構造の変化を反映し医療・介護分野の施策立案に効果的に活用し得る国際統計分類の開発に関する研究 う蝕関連病名のICD-11コーディングにおけるXコードの可能性-我が国独自のフィールドトライアル実施にむけての提言-. 社会構造の変化を反映し医療・介護分野の施策立案に効果的に活用し得る国際統計分類の開発に関する研究 令和元年度 総括・分担研究報告書(Web). 2020
  • 上野悟, 金井信雄, 金井信雄, 粟田主一, 粟田主一. 国際的な課題解決に向けた超高齢社会研究におけるデータの利活用. 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2020. 79th. 321-321
  • 上野悟, 金井信雄, 金井信雄, 粟田主一, 粟田主一. 認知症未来社会創造センターにおける国際標準を考慮した超高齢社会研究データの利活用. 臨床薬理. 2020. 51. Supplement. S351-S351
more...
Patents (4):
Books (7):
  • Clinical Data Acquisition Standards Harmonization Model モデル バージョン 1.0
    CDISC CDASHチーム 2020
  • ヒト臨床試験を対象とするClinical Data Acquisition Standards Harmonization(CDASH)実装ガイド バージョン2.0
    CDISC CDASHチーム 2017
  • Conformance Rules for CDASHの概要 Version:1.0
    CJUG CDASHチーム 2016
  • Clinical Research Professionals
    株式会社メディカル・パブリケーションズ 2013 ISBN:9784902007565
  • Peptide science 2009
    2009
more...
Lectures and oral presentations  (38):
  • 特定臨床研究を効率的に行うためのデータウェアハウス(DWH)の利用
    (第41回日本臨床薬理学会学術総会 2020)
  • 認知症未来社会創造センターにおける国際標準を考慮した超高齢社会研究データの利活用
    (第41回日本臨床薬理学会学術総会 2020)
  • 国際的な課題解決に向けた超高齢社会研究におけるデータの利活用
    (第79回日本公衆衛生学会総会 2020)
  • Solving Issues in Urban Super-Aging Society through Clinical, Social and Medical Services Approaches Using CDISC Standards
    (2020 CDISC US Interchange 2020)
  • <e-ヘルスネット>のアクセスログ解析による生活習慣病予防情報ニーズの検討
    (第33回公衆衛生情報研究協議会研究会 2020)
more...
Education (3):
  • 2006 - 2010 University of Tsukuba
  • 2002 - 2004 University of Tsukuba
  • 1998 - 2002 Saitama Institute of Technology
Professional career (2):
  • Ph.D. (University of Tsukuba)
  • M.S. (University of Tsukuba)
Work history (10):
  • 2020/04 - 現在 Tokyo Metropolitan Geriatric Hospital and Institute of Gerontology
  • 2016/01 - 現在 Clinical Data Interchange Standards Consortium (CDISC) Authorized Instructor
  • 2018/04 - 2020/03 国立保健医療科学院 研究情報支援研究センター 主任研究官
  • 2017/09 - 2018/03 国立精神・神経医療研究センター トランスレーショナル・メディカルセンター 臨床研究支援部 科研費研究員
  • 2013/04 - 2017/08 University of Tsukuba Faculty of Medicine
Show all
Committee career (13):
  • 2019/10 - 現在 Clinical Data Interchange Standards Consortium (CDISC) CDISC RWD Connect Expert Advisory Board member
  • 2019/09 - 現在 Clinical Data Interchange Standards Consortium (CDISC) CDISC Working Group Medical Devices team volunteer
  • 2019/09 - 現在 Clinical Data Interchange Standards Consortium (CDISC) CDISC Working Group QRS team volunteer
  • 2019/09 - 現在 Clinical Data Interchange Standards Consortium (CDISC) CDISC Working Group PGx team volunteer
  • 2018/03 - 現在 Clinical Data Interchange Standards Consortium (CDISC) CDISC Working Group CDASH team member
Show all
Awards (4):
  • 2018/07 - CDISC CDISC SUPER PERFORMANCE
  • 2015/12 - 筑波大学医学医療系 若手優秀教員
  • 2015/07 - 日本製薬医学会 製薬医学スカラーシップ
  • 2007/09 - 日本ペプチド学会 JPS Travel Award
Association Membership(s) (16):
OHDSI Japan ,  JAPANESE SOCIETY OF PUBLIC HEALTH ,  JAPAN EPIDEMIOLOGICAL ASSOCIATION ,  THE JAPANESE SOCIETY OF CLINICAL PHARMACOLOGY AND THERAPEUTICS ,  Society for Clinical Data Management (SCDM) ,  日本ACRP ,  日本製薬医学会 ,  Association of Clinical Research Professionals (ACRP) ,  THE JAPAN SOCIETY OF HUMAN GENETICS ,  日本臨床試験学会 ,  Project Management Institute (PMI) ,  PMI日本支部(PMI-Japan) ,  日本ペプチド学会 ,  日本生体防御学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本生化学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page