Rchr
J-GLOBAL ID:201201092206657630   Update date: May. 22, 2021

Oneda Hirohisa

オオネダ ヒロヒサ | Oneda Hirohisa
Affiliation and department:
Research field  (3): Mechanics and mechatronics ,  Robotics and intelligent systems ,  Manufacturing and production engineering
Research keywords  (4): 感性計測評価,感性情報処理 ,  知能機械システム ,  知覚情報処理 ,  切削・研削加工(特殊加工)
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2015 - 2017 制振制御技術と画像処理技術の融合によるハイブリット相互位置認識システムの開発
  • 2015 - 2017 組み込みシステムエンジニア育成に向けた高専における学習教材に関する研究(教材開発)
  • 2014 - 2015 薄膜形成技術に貢献するバッキングプレートの高精度銅加工法の試作開発
  • 2002 - 2005 超音波切削系における最適制御装置の開発
  • 自律移動システムの開発
Show all
Papers (11):
MISC (5):
Patents (1):
Lectures and oral presentations  (52):
  • 触感覚による粒子群の認識に関する基礎的研究 -多変量解析を用いた10代から60代の感性評価の比較-
    (ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2020 in Kanazawa(オンライン開催),ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集2020,2A1-P14(2020年5月). 2020)
  • 自律移動ロボット「Coyomi」の開発 - 小山高専・弓削商船高専・群馬高専合同チーム -
    (つくばチャレンジ2019シンポジウム,TSUKUBA CHALLENGE 2019 参加レポート集(2020-1),pp.128-131. 2020)
  • 瀬戸内海の離島における小型測定器を用いた大気中粒子状物質の測定
    (第60回大気環境学会年会,第60回大気環境学会年会講演要旨集,P-24(2019年9月). 2019)
  • 納豆菌の水質浄化作用に関する調査(市販品の比較を例に)
    (日本高専学会第25回年会講演会,地域連携,発表受付番号251034 2019)
  • 表層潮流発電システムのサスティナブル設計 -表層潮流発電を活用した自立型人工漁礁-
    (令和元年全国高専フォーラム,OS11,工業高専と商船高専の特徴を活かした海洋研究の新たな展開. 2019)
more...
Education (2):
  • - 2007 Utsunomiya University
  • - 1998 Utsunomiya University
Professional career (1):
  • 博士(工学) (宇都宮大学)
Work history (5):
  • 2013/04 - 現在 国立弓削商船高等専門学校 電子機械工学科 准教授
  • 2012/04 - 2013/03 国立弓削商船高等専門学校 電子機械工学科 助教
  • 2008/04 - 2012/03 栃木県公立学校教員 常勤講師 電子機械科
  • 2011/03 - Utsunomiya University Graduate School of Engineering
  • 1998/04 - 2001/01 王子タック株式会社 (王子グループ:機能材カンパニー)
Committee career (14):
  • 2021/04 - 2022/03 一般社団法人 日本機械学会 技術と社会部門 広報委員会 委員
  • 2020/04 - 2021/03 一般社団法人日本機械学会 技術と社会部門 広報委員会 幹事
  • 2020/04 - 2021/03 四国地区高専地域イノベーションセンター 四国地区高専地域イノベーションセンター運営委員会 委員
  • 2020/04 - 2021/03 一般社団法人日本機械学会 技術と社会部門 広報委員会 委員
  • 2020/05 - 2020/05 一般社団法人日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門 Robomech2020発表審査員
Show all
Association Membership(s) (4):
日本シミュレーション学会 ,  日本工学教育協会 ,  精密工学会 ,  日本機械学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page