研究者
J-GLOBAL ID:200901011983527701   更新日: 2020年09月01日

鈴木 定彦

スズキ ヤスヒコ | Suzuki Yasuhiko
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.czc.hokudai.ac.jp/epidemiol/
研究分野 (8件): 細菌学 ,  医療管理学、医療系社会学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  医療管理学、医療系社会学 ,  その他
研究キーワード (13件): レクチン ,  補体 ,  結核 ,  超多剤耐性 ,  DNAチップ ,  DNAジャイレース ,  分子疫学 ,  多剤耐性 ,  リコンビナント蛋白質 ,  tuberculosis ,  結核菌 ,  PCR ,  遺伝子変異
競争的資金等の研究課題 (27件):
  • 2012 - 2015 ハンセン病の予防法及び診断・治療法の開発・普及に関する研究
  • 2012 - 2014 アジア地域での多剤および超多剤耐性結核の伝播動態調査
  • 2011 - 2013 アフリカにおける研究ネットワーク構築に関する研究
  • 2010 - 2013 LTBI 検出のための新規血清学的アッセイの開発とLTBI 根治薬もしくは結核再燃防止薬の開発
  • 2009 - 2013 結核及びトリパノソーマ症の新規診断法・治療法の開発
全件表示
論文 (206件):
  • Paudel S, Nakajima C, Mikota SK, Gairhe KP, Maharjan B, Subedi S, Poudel A, Sashika M, Shimozuru M, Suzuki Y, et al. Mixed Mycobacterium tuberculosis Lineage Infection in 2 Elephants, Nepal. Emerging infectious diseases. 2019. 25. 5. 1031-1032
  • Usui M, Kajino A, Kon M, Fukuda A, Sato T, Shirakawa T, Kawanishi M, Harada K, Nakajima C, Suzuki Y, et al. Prevalence of 16S rRNA methylases in Gram-negative bacteria derived from companion animals and livestock in Japan. The Journal of veterinary medical science. 2019
  • Yoshiki Hiyama, Satoshi Takahashi, Toyotaka Sato, Masaaki Shinagawa, Yukari Fukushima, Chie Nakajima, Yasuhiko Suzuki, Naoya Masumori, Shin-Ichi Yokota. Evaluation of Susceptibilities to Carbapenems and Faropenem Against Cephalosporin-Resistant Neisseria gonorrhoeae Clinical Isolates with penA Mosaic Alleles. Microbial drug resistance (Larchmont, N.Y.). 2019. 25. 3. 427-433
  • Usui M, Yokoo H, Tamura Y, Nakajima C, Suzuki Y, Ghigo JM, Beloin C. Zinc acetate potentiates the action of tosufloxacin Escherichia coli biofilm persisters. Antimicrobial agents and chemotherapy. 2019
  • Fujisawa S, Konnai S, Okagawa T, Maekawa N, Tanaka A, Suzuki Y, Murata S, Ohashi K. Effects of bovine tumor necrosis factor alpha decoy receptors on cell death and inflammatory cytokine kinetics: potential for bovine inflammation therapy. BMC veterinary research. 2019. 15. 1. 68
もっと見る
MISC (327件):
特許 (25件):
書籍 (10件):
  • 非結核性抗酸菌の基礎と臨床
    医薬ジャーナル社 2010
  • Leprosy
    Tokai University Press 2010
  • 最新獣医公衆衛生学
    緑書房 2009
  • 床検査項辞典
    医歯薬出版 2008
  • COLLAGEN-RELATED LECTINS IN INNATE IMMUNITY
    Research Spotlight 2007
もっと見る
講演・口頭発表等 (5件):
  • Mycoplasma bovis感染症における免疫抑制機序の解析
    (日本獣医学会学術集会講演要旨集 2018)
  • イヌCytotoxic T-lymphocyte antigen-4(CTLA-4)を標的としたバイオ医薬品の開発に向けた基礎的検討
    (日本獣医学会学術集会講演要旨集 2018)
  • 肺転移のある悪性黒色腫罹患犬に対するPD-L1を標的とした抗体薬の治療効果
    (日本獣医学会学術集会講演要旨集 2018)
  • ウシCytotoxic T-lymphocyte antigen-4(CTLA-4)の機能解析および慢性感染症における発現解析
    (日本獣医学会学術集会講演要旨集 2018)
  • らい菌遺伝子検出Dry-LAMP法の開発
    (Japanese Journal of Leprosy 2018)
学歴 (6件):
  • 1984 - 1988 大阪大学大学院
  • - 1988 大阪大学
  • 1983 - 1984 大阪大学
  • 1981 - 1983 静岡大学 理学研究科
  • 1977 - 1981 静岡大学 化学
全件表示
学位 (1件):
  • 医学博士 (大阪大学)
経歴 (5件):
  • 2005 - 現在 北海道大学 教授
  • 2003 - 2005 鳥取大学医学部 助教授
  • 1997 - 2003 大阪府立公衆衛生研究所 主任研究員
  • 1991 - 1997 大阪府立公衆衛生研究所 研究員
  • 1988 - 1991 大阪大学微生物病研究所 助手
委員歴 (2件):
  • 2014/07 - 現在 日米医学協力研究会結核•ハンセン病部会 部会長
  • 2009 - 現在 日本ハンセン病学会 理事
受賞 (1件):
  • 2010 - 日本ハンセン病学会賞
所属学会 (4件):
日本結核病学会 ,  日本ハンセン病学会 ,  日本細菌学会 ,  Japanese Association of Bacteriology
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る