研究者
J-GLOBAL ID:200901018586009227   更新日: 2020年07月14日

高田 秀重

タカダ ヒデシゲ | Takada Hideshige
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
ホームページURL (2件): http://www.tuat.ac.jp/~gaia/Index.htmlhttp://www.tuat.ac.jp/~gaia/Index.html
研究分野 (1件): 化学物質影響
競争的資金等の研究課題 (51件):
  • 2017 - 2021 中東・アフリカ・南米の水質汚染解析による都市排水ユニバーサルマーカーの開発
  • 2016 - 2019 尾腺ワックスを用いた鳥類のプラスチック汚染のグローバルサーベイランス
  • 2017 - 2017 都市沿岸域における雨天時越流水に起因する糞便汚染の評価手法の開発
  • 2016 - 2017 マイクロプラスチックを介した魚貝類への化学物質曝露のモデル化と将来予測
  • 2015 - 2016 沿岸から大洋を漂流するマイクロプラスチックスの動態解明と環境リスク評価(マイクロプラスチックスによる汚染物質輸送の実態解明)
全件表示
論文 (119件):
  • Nobuki Yoshizawa, Masaru Usui, Akira Fukuda, , Tetsuo Asa, Hidetoshi Higuchi, Eiryu Okamoto, Kanako Seki, Hideshige Takada, Yutaka Tamura. Manure compost is a potential source of tetracycline-resistant E. coli and tetracycline resistance genes in Japanese farms. Antibiotics. 2020. 9. 2. 76
  • Kosuke Tanaka, Yutaka Watanuki, Hideshige Takada, Mayumi Ishizuka, Rei Yamashita, Mami Kazama, Nagako Hiki, Fumika Kashiwada, Kaoruko Mizukawa, Hazuki Mizukawa, David Hyrenbach, Michelle Hester, Yoshinori Ikenaka, Shouta M, M. Nakayama. In vivo accumulation of plastics-derived chemicals into seabird tissues. Current Biology. 2020. 30. 4. 723-728.e3
  • Bee Geok Yeo, Hideshige Takada, Rei Yamashita, Yohei Okazaki, Keiichi Uchida, Tadashi Tokai, Kosuke Tanaka, Nicole Trenholm. PCBs and PBDEs in microplastic particles and zooplankton in open water in the Pacific Ocean and around the coast of Japan. Marine Pollution Bulletin. 2019. in press
  • Kosuke Tanaka, Hideshige Takada, Yoshinori Ikenaka, Shouta M, M. Nakayama, Mayumi Ishizuka. Occurrence and concentrations of chemical additives in plastic fragments on a beach on the island of Kauai, Hawaii. MARINE POLLUTION BULLETIN. 2019. in press
  • 高田 秀重. 化学物質汚染と物質循環の視点からみたプラスチック問題. 環境情報科学. 2019. 46. 3. 12-16
もっと見る
MISC (82件):
  • 田中厚資, 綿貫豊, 高田秀重, 石塚真由美, 山下麗, 水川薫子, 水川葉月, 池中良徳, 中山翔太. 摂食プラスチックから海鳥への化学物質の移行の検証. 環境化学討論会要旨集(CD-ROM). 2019. 28th. ROMBUNNO.P-031
  • 角田 梨紗, 臼井 優, 高田 秀重, 中島 千絵, 鈴木 定彦, 田村 豊. タイの水圏環境における薬剤耐性と残留抗菌薬濃度との関係. 日本細菌学雑誌. 2018. 73. 1. 139-139
  • Tanaka K, Yamashita R, Takada H. Transfer of Hazardous Chemicals from Ingested Plastics to Higher-Trophic-Level Organisms. The Handbook of Environmental Chemistry. 2018
  • 高田秀重, 山下麗. プラスチック汚染を上流で抑える 海洋プラスチック汚染概論-研究の歴史,動態,化学汚染-. 用水と廃水. 2018. 60. 1. 29-40
  • 高田秀重, 松隈ゆかり, 山下麗, 田中厚資, 櫻井重明, 水川薫子. 有機化学物質による水域汚染のトレンドと将来展望. 麻布大学雑誌. 2017. 28. 103-104-104
もっと見る
書籍 (16件):
  • Conclusions of "Hazardous chemicals associated with plastics in marine environments"
    Springer 2018
  • Release of Additives and Monomers from Plastic Wastes
    Springer 2018
  • Transfer of hazardous chemicals from ingested plastics to higher-trophic level organisms
    Springer 2018
  • Hazardous chemicals in plastics in marine environments: International Pellet Watch
    Springer 2018 ISBN:9783319955667
  • 「環境ホルモン-水産生物に対する影響実態と作用機構」、「エストロゲン様内分泌かく乱物質の分布・動態ー東京湾」
    恒星社厚生閣 2006
もっと見る
講演・口頭発表等 (3件):
  • インターナショナルペレットウォッチ:地球規模でのPOPsモニタリング
    (北太平洋と極域の残留性有機汚染物質に関する国際シンポジウム 2015)
  • マイクロプラスチック:海洋環境の新たな脅威とPOPsモニタリングの新しいツール
    (北太平洋海洋科学会議 2015)
  • International Pellet Watch: Global distribution of persistent organic pollutants (POPs) in marine plastics and their potential threat to marine organisms
    (International Research Workshop on the Occurrence, Effects and Fate of Microplastic Marine Debris 2008)
Works (10件):
  • アジアにおける多環芳香族炭化水素類(PAHs)の発生源特定とその広域輸送
    2009 - 2010
  • 渡り鳥尾腺ワックス中のマーカー分析による渡り経路の特定手法の開発
    2007 - 2008
  • 都市域水循環・再利用の観点から見た都市排水の水溶性微量汚染の評価
    2007 - 2008
  • 都市域水循環・再利用の観点から見た都市排水の水溶性微量汚染の評価
    2006 - 2007
  • 都市活動由来の汚染実態に関する研究
    2006 - 2007
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1986 東京都立大学 理学研究科 化学専攻
  • - 1984 東京都立大学 理学研究科 化学専攻
  • - 1982 東京都立大学 理学部 化学科
学位 (2件):
  • 理学博士 (東京都立大学)
  • 理学修士 (東京都立大学)
経歴 (4件):
  • 2007/11/01 - - 教授
  • 1997/07 - - 東京農工大学 助教授 農学部
  • 1990/09 - 1991/05 - 文部省在外研究員(アメリカ)
  • 1986/04 - - 東京農工大学農学部環境保護学科助手に採用
委員歴 (3件):
  • 日本地球化学会 学会誌編集委員
  • 日本海洋学会 環境問題委員会委員
  • 日本水環境学会 水環境と合成洗剤委員会委員長
受賞 (8件):
  • 2019/08 - 日本有機地球化学会 学会賞
  • 2017/06 - 日本環境化学会 功績賞
  • 2016/06/08 - 日本水環境学会学術賞
  • 2015/07/16 - 内閣総理大臣 海洋立国推進者功績表彰 マイクロプラスチックによる海洋汚染の研究
  • 2008/06/12 - 日本環境化学会 学術賞
全件表示
所属学会 (5件):
日本地球化学会 ,  日本海洋学会 ,  日本水環境学会 ,  環境科学会 ,  American Chemical Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る