研究者
J-GLOBAL ID:200901019674558709   更新日: 2020年05月27日

石原 美弥

イシハラ ミヤ | Ishihara Miya
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (2件): 生体材料学 ,  生体医工学
研究キーワード (3件): 再生医療 ,  バイオフォトニクス ,  医用工学
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2019 - 2021 癌転移検査法としての in vivo リキッドバイオプシーの創成
  • 2019 - 2021 光音響イメージングに基づく臓器横断的なシンギュラリティ現象の解明
  • 2017 - 2020 虚血性神経障害による下肢切断リスク回避のための光音響イメージング開発
  • 2015 - 2018 治験開始に向けた前立腺癌に適用する光音響画像診断技術開発
  • 2015 - 2017 機能性プローブに基づく生体深部光音響イメージング技術の確立:activatableプローブの開発研究とin vivo可視化イメージング技術の開発
全件表示
論文 (159件):
  • Shinchi M, Kushibiki T, Mayumi Y, Ito K, Asano T, Ishihara M, Horiguchi A. Insulin-like growth factor 1 sustained-release collagen on urethral catheter prevents stricture after urethral injury in a rabbit model. International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association. 2019. 26. 5. 572-577
  • Shinpei Okawa, Takeshi Hirasawa, Kazuhiro Tsujita, Toshihiro Kushbiki, Masanori Fujita, Miya Ishihara. モンテカルロ法と線形化近似を用いた定量的光音響画像再構成法の検証研究. Proceedings of SPIE. 2019. 10878. 1087855. 1-10
  • Miya Ishihara, Kaku Irisawa, Dai Murakoshi, Takeshi Hirasawa, Shinpei Okawa, Ryuichi Azuma, Takeshi Osonoi, Hitoshi Nukada, Soroku Yagihashi. Performance validation of improved photoacoustic / ultrasound superposed imaging system for evaluation of diabetic neuropathy. Proceedings of SPIE. 2019. 108785. A. 1-8
  • Sato M, Yamato M, Mitani G, Takagaki T, Hamahashi K, Nakamura Y, Ishihara M, Matoba R, Kobayashi H, Okano T, Mochida J, Watanabe M. Combined surgery and chondrocyte cell-sheet transplantation improves clinical and structural outcomes in knee osteoarthritis. NPJ Regenerative medicine. 2019. 4. 4
  • Shinpei Okawa, Takeshi Hirasawa, Ryota Sato, Toshihiro Kushibiki, Miya Ishihara, Toshiharu Teranishi. Numerical and experimental investigations of dependence of photoacoustic signals from gold nanoparticles on the optical properties. Optical Review. 2018. 25. 3. 365-374
もっと見る
MISC (52件):
書籍 (50件):
  • 京都大学化学研究所共同利用・共同研究拠点化学関連分野の深化・連携を基軸とする先端・学際研究拠点平成30年度成果報告書
    京都大学化学研究所 2019
  • 実験医学(増刊) 生きてるものは全部観る!イメージングの選び方 使い方100+,
    羊土社 2018 ISBN:9784758103756
  • 京都大学化学研究所 共同利用・共同研究拠点 化学関連分野の深化・連携を基軸とする先端・学際研究拠点 平成29年度成果報告書
    2018
  • Photomedicine - Advances in Clinical Practice
    INTECH 2017
  • 臨床工学講座 生体物性・医用材料工学(第8版)
    医歯薬出版株式会社 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (292件):
  • 医学生物応用に必要な光音響イメージング技術開発
    (重点プロジェクトスマートエーイー研究会(第15 回) 2019)
  • 医学生物応用に向けた光音響イメージング技術
    (フォトニクス情報システム第179 委員会第56 回研究会 2019)
  • 光音響イメージングにおける医工連携研究の紹介
    (生体医工学シンポジウム2019 2019)
  • Characterization of photoacoustic imaging in bioimaging
    (The 6th International Symposium on Bioimaging / The 28th Annual Meeting of the Bioimaging Society 2019)
  • 災害医療に光を!-バイオメディカルフォトニクスに基づくon site 血管撮影の可能性-
    (第24 回日本災害医学会総会 学術集会 2019)
もっと見る
学位 (2件):
  • 修士(工学) (慶應義塾大学大学院)
  • 博士(医学) (北里大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る