研究者
J-GLOBAL ID:200901020282657359   更新日: 2019年12月11日

南 内嗣

ミナミ タダツグ | MINAMI TADATSUGU
所属機関・部署:
職名: 教授
研究キーワード (9件): 透明導電膜 ,  酸化物半導体 ,  蛍光体 ,  エレクトロルミネッセンス ,  太陽電池 ,  ディスプレイ ,  半導体 ,  セラミックス ,  酸化亜鉛
論文 (2件):
  • 南 内嗣, 宮田 俊弘. 酸化物半導体を用いた高効率太陽電池. 応用物理. 2017. 86. 8. 677-679
  • 南 内嗣, 宮田 俊弘. 酸化物半導体を用いた高効率太陽電池. 応用物理. 2017. 86. 8. 677-679
MISC (7件):
  • 宮田 俊弘, 南 内嗣. Cu2O系太陽電池の高効率化の現状と課題. 日本学術振興会薄膜第131委員会研究会. 2017
  • 渡辺恭輔, 山崎丞路, 宮田 俊弘, 南 内嗣. スパッタ成膜したn形酸化物半導体薄膜のCu2O系ヘテロ接合太陽電池への応用. 第64回応用物理学会春季学術講演会,横浜. 2017. 15a. 419. 6
  • 宇於崎涼介, 渡辺恭輔, 宮田 俊弘, 南 内嗣. 多結晶ZnO系透明導電膜の電気的特性と結晶性との関係. 第64回応用物理学会春季学術講演会,横浜. 2017. 15a. 502. 5
  • 德永浩己, 宮田 俊弘, 南 内嗣. 縮退した多結晶ZnO系透明導電膜の電気伝導機構に対する不規則粒界の影響. 第78回応用物理学会春季学術講演会,福岡. 2017. 6p. C17. 6
  • 南 内嗣. 酸化物半導体を用いた高効率太陽電池の開発. 日本表面真空学会中部支部,名古屋. 2018
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1969 金沢工業大学 工学部 電気工学
  • - 1977 大阪府立大学 工学研究科 電気工学
学位 (2件):
  • 工学博士
  • 工学修士
経歴 (2件):
  • 1992 - 1993 マサチューセッツ工科大学 客員研究員
  • 1969 - 金沢工業大学 助手
委員歴 (4件):
  • 2012 - 2013 応用物理学会 諮問委員
  • 2010 - 2011 応用物理学会 評議員
  • 2008 - 2009 応用物理学会 理事
  • 2006 - 2007 応用物理学会 北陸信越支部 支部長
所属学会 (2件):
応用物理学会 ,  電子情報通信学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る