研究者
J-GLOBAL ID:200901026718462956   更新日: 2020年12月23日

西山 佳孝

ニシヤマ ヨシタカ | Nishiyama Yoshitaka
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.molbiol.saitama-u.ac.jp/~nishiyama/
研究分野 (1件): 植物分子、生理科学
研究キーワード (5件): 酸化ストレス ,  レドックス制御 ,  タンパク質合成 ,  環境応答 ,  光合成
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2018 - 2021 光合成の強光耐性におけるタンパク質合成系の順化機構の役割
  • 2017 - 2021 ミルキング法によるバイオ燃料生産の高効率化と安定化
  • 2015 - 2018 光化学系II修復の強光順化メカニズムの解明
  • 2013 - 2015 タンパク質合成系の改変による光合成の強光ストレス耐性の向上
  • 2012 - 2015 光合成における翻訳のレドックス制御と環境応答の分子機構
全件表示
論文 (94件):
  • Koki Yuasa, Tomoyuki Shikata, Takayoshi Ichikawa, Yu Tamura, Yoshitaka Nishiyama. Nutrient deficiency stimulates the production of superoxide in the noxious red-tide-forming raphidophyte Chattonella antiqua. Harmful Algae. 2020. 99. 101938-101938
  • Haruhiko Jimbo, Kensuke Takagi, Takashi Hirashima, Yoshitaka Nishiyama, Hajime Wada. Long-Chain Saturated Fatty Acids, Palmitic and Stearic Acids, Enhance the Repair of Photosystem II. International Journal of Molecular Sciences. 2020. 21. 20. 7509-7509
  • Tomoyuki Shikata, Saho Kitatsuji, Kazuo Abe, Goh Onitsuka, Tadashi Matsubara, Natsuko Nakayama, Koki Yuasa, Yoshitaka Nishiyama, Ken-Ichiro Mizuno, Takeshi Masuda, et al. Vertical distribution of a harmful red-tide dinoflagellate, Karenia mikimotoi, at the decline stage of blooms. Journal of Sea Research. 2020. 165. 101960-101960
  • Taichi Izuhara, Ikumi Kaihatsu, Haruhiko Jimbo, Shinichi Takaichi, Yoshitaka Nishiyama. Elevated Levels of Specific Carotenoids During Acclimation to Strong Light Protect the Repair of Photosystem II in Synechocystis sp. PCC 6803. Frontiers in Plant Science. 2020. 11
  • Yoshitaka Nishiyama. Resilience under climate change. Nature Plants. 2020. 6. 5. 442-443
もっと見る
MISC (33件):
特許 (1件):
講演・口頭発表等 (146件):
  • 有害赤潮藻 Karenia mikimotoiの遺伝子発現に及ぼす光強度の影響
    (令和2年度日本水産学会春季大会 2020)
  • 有害赤潮藻類Chattonella antiquaの活性酸素種産生に及ぼす栄養欠乏の影響
    (令和2年度日本水産学会春季大会 2020)
  • 緑藻クラミドモナスにおけるPGRL1の生化学的解析
    (第61回日本植物生理学会年会 2020)
  • シロイヌナズナ光合成の強光耐性における葉緑体翻訳因子cpEF-Tuの役割
    (第61回日本植物生理学会年会 2020)
  • Synechocystis sp. PCC 6803の超強光順化とカロテノイドによる光化学系IIの光防御機構
    (第61回日本植物生理学会年会 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1991 - 1994 東京大学 化学生命工学専攻
  • 1989 - 1991 東京大学 工業化学専攻
  • 1984 - 1989 東京大学 工業化学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (8件):
  • 2013/10 - 現在 埼玉大学 大学院理工学研究科生命科学部門 教授
  • 2008/04 - 2013/09 埼玉大学 大学院理工学研究科生命科学部門 准教授
  • 2007/04 - 2008/03 愛媛大学 無細胞生命科学工学研究センター 准教授
  • 2003/04 - 2007/03 愛媛大学 無細胞生命科学工学研究センター 助教授
  • 2001/11 - 2003/03 愛媛大学 理学部物質理学科化学系 助教授
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2014/01 - 2016/12 日本光合成学会 『光合成研究』編集長
  • 2012/01 - 2016/12 日本光合成学会 常任幹事
  • 2009/01 - 2012/12 日本植物生理学会 編集委員
  • 2009/01 - 2012/12 The Japanese Association of Plant Physiologists Associate Editor
受賞 (1件):
  • 2020/08 - 物質デバイス領域共同研究拠点 第2回物質・デバイス共同研究 光合成のレドックス制御と環境応答の分子機構
所属学会 (7件):
日本植物学会 ,  日本化学会 ,  日本光合成学会 ,  日本植物生理学会 ,  The Chemical Sciety of Japan ,  The Japanese Association for Photosynthesis Research ,  The Japanese Association of Plant Physiologists
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る