研究者
J-GLOBAL ID:200901030276913144   更新日: 2020年06月08日

長坂 徹也

ナガサカ テツヤ | Nagasaka Tetsuya
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/e6b0e5af4703ce1398fc1a127b7c8f82.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/e6b0e5af4703ce1398fc1a127b7c8f82.html
研究分野 (3件): 反応工学、プロセスシステム工学 ,  基礎物理化学 ,  金属生産、資源生産
研究キーワード (4件): リサイクル ,  高温物理化学 ,  金属製錬 ,  産業エコロジー
論文 (102件):
もっと見る
MISC (23件):
書籍 (9件):
  • 第58回白石記念講座「技術者育成教育への新たな取り組みとその将来展望」
    日本鉄鋼協会 2006
  • 溶融酸化物高温物性値データ集
    日本鉄鋼協会 2006
  • 「製鋼スラグを栄養源として利用した海洋植物プランクトン増殖によるCO2固定化研究会」中間報告書
    2001
  • 「製鋼スラグを栄養源として利用した海洋植物プランクトン増殖によるCO<SUB>2</SUB>固定化研究会」中間報告書
    2001
  • 製鋼スラグ極少化に向けての開発動向と課題
    1999
もっと見る
講演・口頭発表等 (9件):
  • Extremely Big Possibility of Steel Industry for Conservation and Recycling of Some Critical Elements
    (International Conference on Final Sinks (ICFS2015) 2015)
  • 化学反応速度から見たスラグの塩基度
    (日本鉄鋼協会高温プロセス部会ノーベル・プロセッシングフォーラム 第10回高温物質の特性とその数学モデル研究会 2001)
  • 酸化鉄系融体と気相間における界面反応
    (日本金属学会功績賞受賞講演 2001)
  • 11) Interfacial Kinetics of Hydrogen with Liquid Slag Containing Iron Oxide
    (The Belton Memorial Symposium 2000)
  • 高炉下部における焼結鉱中初期融液の生成・滴下シミュレーション
    (日本鉄鋼協会共同研究会第89回製銑部会第89回 製銑部会 1999)
もっと見る
受賞 (18件):
  • 2015/08/21 - 公益財団法人鉄鋼環境基金 鉄鋼技術賞 電炉ダストのアップグレーディングに関する研究
  • 2015/08/04 - BrainKorea21PLUS Yonsei University, Korea Yonsei Distinguished Lecturer Award A Thermodynamic Approach of Phase Diagrams and Its Applications to New Materials Processing
  • 2014/03/21 - 日本金属学会 谷川・ハリス賞 エコマテリアルプロセッシングに関する研究
  • 2011/05/03 - Association of Iron and Steel Technology, USA Environmental Technology Award for Best Paper and Presentation New Zinc Recovery Process from EAF Dust by Lime Addition
  • 2011/03/25 - 日本鉄鋼協会 学術功績賞 鉄鋼産業エコロジーの展開
全件表示
所属学会 (14件):
日本鉄鋼協会・日本技術者教育認定制度等検討特別委員会 ,  日本鉄鋼協会東北支部 ,  日本鉄鋼協会第9回鉄鋼工学アドバンストセミナー ,  日本鉄鋼協会JABEE委員会 ,  日本鉄鋼協会論文誌編集委員会 ,  日本鉄鋼協会高温プロセス部会高温物性・熱力学数値研究会準備会 ,  日本金属学会情報企画委員会 ,  資源環境センター ,  Indian Institute of Technology, Kharagpur, India ,  資源・素材学会 ,  日本学術振興会 ,  Iron and Steel Society of AIME ,  日本金属学会 ,  日本鉄鋼協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る