研究者
J-GLOBAL ID:200901032739597550   更新日: 2020年07月03日

永野 隆

ナガノ タカシ | Nagano Takashi
所属機関・部署:
職名: 特任教授
研究分野 (3件): 細胞生物学 ,  ゲノム生物学 ,  遺伝学
研究キーワード (1件): 1細胞エピゲノミクス
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2024 複製サイクルにおけるエピゲノム情報と高次クロマチン構造との連携の解明
  • 2019 - 2021 娘細胞に継承されるエピジェネティック修飾の非対称性を親細胞内で捉える新技術の開発
  • 2018 - 2021 真の1細胞情報に基づく、クロマチンダイナミクスの正確な解明
  • 2018 - 2020 1細胞Hi-Cを用いた、G2期姉妹染色分体間の立体的関係の探索
  • 細胞骨格の動態制御に関わる新規因子の研究
全件表示
MISC (14件):
  • 久保田 力, 永野 隆, 馬場久敏, 佐藤 真. Netrin-1は後索-内側毛帯系の形成に必須である. 日脊障医誌. 2005. 18(1). 164-165
  • FILIP : A novel Filamin-interacting protein that potentially regulates cell migration in the developing cerebral cortex. Society for Neuroscience, Abstract. 2000. 26. 570
  • Analysis of a novel, cytoskeleton-related gene that is dominantly expressed in the developing cerebral cortex. Neurosci Res. (Suppl. ). 1999. 23, s118
  • Pancortin-3 is the first pancortin(olfactomedin-related glycoprotein) expressed during cortical development. Soc. Neurosci. Abstr. 1999. 25. 1286
  • Identifying mRNAs involved potentially in corticopontine projection by modified differential display. Osaka City Med. J. 1998. 44. 17
もっと見る
書籍 (3件):
  • Development of neurites, dendritic filopodia and synoptic spines in hippocampallow-density eolture
    Keio University Symposia for Life Science and Medicine vol.2, Neural Development 1999
  • Spondylosis of rodents as a cousequence of spinal instability
    Cervical Spondylosis and Similar Disorders 1998
  • Differential display法
    神経生物学のための遺伝子導入発現研究法 シュプリンガー・フェアラーク東京 1997
Works (1件):
  • 大脳皮質形成の分子メカニズムに関する研究
    2000 -
学歴 (2件):
  • - 1995 大阪大学 医学研究科 整形外科学
  • - 1988 大阪大学 医学部 医学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (大阪大学)
経歴 (8件):
  • 2014/07 - 2019/01 ベイブラハム研究所 主任研究員
  • 2006/04 - 2014/06 ベイブラハム研究所 上級研究員
  • 2003/10 - 2007/03 福井大学 助教授
  • 2002/10 - 2003/09 福井医科大学 助教授
  • 2002/04 - 2002/09 福井医科大学 講師
全件表示
所属学会 (5件):
日本整形外科学会 ,  日本解剖学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本神経科学学会 ,  北米神経科学学会(Society for Neuroscience)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る