研究者
J-GLOBAL ID:200901035697539332   更新日: 2022年01月26日

南川 丈夫

ミナミカワ タケオ | Minamikawa Takeo
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
ホームページURL (1件): https://femto.me.tokushima-u.ac.jp/member/minamikawa/
研究分野 (3件): 生体材料学 ,  生体医工学 ,  光工学、光量子科学
研究キーワード (11件): ラマン散乱分光法 ,  光コム ,  レーザー制御 ,  バイオイメージング ,  振動分光 ,  非線形光学 ,  光学顕微鏡 ,  Laser control ,  Vibrational spectroscopy ,  Nonlinear optics ,  Optical microscope
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2021 - 2024 金属との接触を必要としない増強ラマン散乱分光法による耐環境性分子センサーの開発
  • 2020 - 2023 ラマン分光法を用いたALアミロイドーシスに対する迅速診断法の新規開発
  • 2019 - 2022 デュアル光コム顕微鏡の開発~光コムは共焦点顕微鏡に革新的進展をもたらすか?~
  • 2021 - 2022 新型コロナウイルスを含むウイルス・細菌類の深紫外線殺菌装置の開発
  • 2019 - 2021 柔軟性分子ロータから組み上がる動的ナノ空間による二酸化炭素貯蔵
全件表示
論文 (99件):
  • Keita Hoshi, Kazuma Kusumoto, Airi Matsumoto, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Eiji Hase, Takeo Minamikawa, Takeshi Yasui, Yasushi Yoshida, Keiji Minagawa, et al. Synthesis of D-π-A type benzothiazole-pyridinium salt composite and its application as photo-degradation agent for amyloid fibrils. Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters. 2021. 50. 128324-128324
  • Beika Masatomo, Harada Yoshinori, 南川 丈夫, Yamaoka Yoshihisa, Koizumi Noriaki, Murayama Yasutoshi, Konishi Hirotaka, Shiozaki Atsushi, Fujiwara Hitoshi, Otsuji Eigo, et al. Accumulation of Uroporphyrin I in Necrotic Tissues of Squamous Cell Carcinoma after Administration of 5-Aminolevulinic Acid. International Journal of Molecular Sciences. 2021. Vol.22. No.18. 10121-10121
  • Keita Hoshi, Masami Itaya, Koki Tahara, Airi Matsumoto, Atsuhi Tabata, Hideaki Nagamune, Yasushi Yoshida, Eiji Hase, Takeo Minamikawa, Takeshi Yasui, et al. Two-photon excitable boron complex based on tridentate imidazo[1,5-a]pyridine ligand for heavy-atom-free mitochondria-targeted photodynamic therapy. RSC Advances. 2021. 11. 42. 26403-26407
  • Eiji Hase, Yu Tokizane, Masatomo Yamagiwa, Takeo Minamikawa, Hirotsugu Yamamoto, Isao Morohashi, Takeshi Yasui. Multicascade-linked synthetic-wavelength digital holography using a line-by-line spectral-shaped optical frequency comb. Optics Express. 2021. 29. 10. 15772-15772
  • Yu Tokizane, Hikaru Ejiri, Takeo Minamikawa, Safumi Suzuki, Masahiro Asada, Takeshi Yasui. Hybrid optical imaging with near-infrared, mid-infrared, and terahertz wavelengths for nondestructive inspection [Invited]. Applied Optics. 2021. 60. 10. B100-B100
もっと見る
MISC (114件):
  • 南川 丈夫. ラマン散乱分光法の病理学への応用∼病理学に新しい価値観を創造する可視化技術∼. 光技術コンタクト. 2021. Vol.59. No.10. 28-28
  • 南川 丈夫, 駒 貴明, Akihiro Suzuki, 永松 謙太郎, 安井 武史, 安友 康二, 野間口 雅子. Inactivation of SARS-CoV-2 by deep ultraviolet light emitting diode: A review. Japanese Journal of Applied Physics. 2021. Vol.60. No.9. 090501-090501
  • 南川 丈夫, 駒 貴明, 鈴木 昭浩, 永松 謙太郎, 安井 武史, 安友 康二, 野間口 雅子. Withコロナ時代に向けた深紫外LEDの活用法 --- ∼深紫外LEDによるウイルス不活化の試み∼. クリーンテクノロジー. 2021. Vol.31. No.6. 1-5
  • 南川 丈夫, 駒 貴明, 鈴木 昭浩, 永松 謙太郎, 安井 武史, 安友 康二, 野間口 雅子. 深紫外LEDによる新型コロナウイルス不活化への試み. 月刊 オプトロニクス. 2021. Vol.40. No.6. 132-137
  • 南川丈夫, 駒責明, 鈴木昭浩, 永松謙太郎, 安井武史, 安友康二, 野間口雅子. 深紫外LEDを用いた新型コロナウイルスの不活化. O plus E. 2021. 43. 2. 137-142
もっと見る
特許 (18件):
書籍 (2件):
  • ライフサイエンス顕微鏡学ハンドブック
    朝倉書店 2018 ISBN:9784254310948
  • Fluorescence imaging for surgeons : concepts and applications
    2015 ISBN:9783319156774
学歴 (4件):
  • 2008 - 2010 大阪大学 機能創生専攻生体工学領域 博士後期課程
  • 2006 - 2008 大阪大学 機能創成専攻生体工学領域 博士前期課程
  • 2004 - 2006 大阪大学 システム科学科機械科学コース
  • 1999 - 2004 茨城工業高等専門学校 電子制御工学科
学位 (2件):
  • 博士(工学) (大阪大学)
  • 博士(医学) (京都府立医科大学)
経歴 (8件):
  • 2019/04 - 現在 徳島大学 ポストLEDフォトニクス研究所 准教授
  • 2018/04 - 2019/03 徳島大学 大学院社会産業理工学研究部 准教授
  • 2017/04 - 2018/03 徳島大学 大学院社会産業理工学研究部 講師
  • 2015/07 - 2016/05 徳島大学 大学院ソシオテクノサイエンス研究部 特任講師
  • 2013/12 - 2015/06 京都府立医科大学 大学院医学研究科 助教
全件表示
受賞 (15件):
  • 2021/03/25 - 公益財団法人エレキテル尾崎財団 源内奨励賞 ラマン散乱分光法による非侵襲分子組織診断法の開発
  • 2020/02 - 公益財団法人康楽会 康楽賞 光コムによる新たな高機能センシング法の開拓
  • 2019/04 - 日本機械学会 日本機械学会奨励賞 がん外科手術のための低侵襲分子イメージングの研究
  • 2018/11 - 徳島大学 徳島大学若手研究者学長表彰 新たな顕微分光計測法の開拓と医学・生物学への応用
  • 2018/10 - 徳島県 徳島県科学技術大賞(若手研究者部門)
全件表示
所属学会 (9件):
日本肝臓学会 ,  日本光学会 ,  レーザー学会 ,  精密工学会 ,  日本分光学会 ,  Optical Society of America (OSA) ,  Society of Photographic Instrumentation Engineering (SPIE) ,  応用物理学会 ,  日本機械学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る