研究者
J-GLOBAL ID:200901036855110523   更新日: 2018年01月15日

堀 裕和

ホリ ヒロカズ | HORI Hirokazu
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 原子・分子・量子エレクトロニクス ,  電子デバイス・電子機器
研究キーワード (23件): 機能の数理構造 ,  意思決定機構の理論 ,  圏論の応用 ,  機能の現象学 ,  電子デバイス・電子機器 ,  量子エレクトロニクス ,  表面物理 ,  ナノテクノロジー ,  ナノオプティクス ,  近接場光学 ,  光ポンピング ,  レーザー分光 ,  質量分析における脱離イオン化 ,  スピン偏極 ,  ナノ光電子機能デバイス ,  脳波のトラジェクトリー解析 ,  ナノ領域信号情報伝送素過程 ,  Near-Field Optics:Nano-Optics ,  Ionization/dissocoation for mass spectrometry ,  Spin polarization ,  Nano-opto-electronics devices and functions ,  Trajectory analyzis of electroencephalogram ,  Signal/information transfer in nanoscales
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 量子エレクトロニクス,近接場量子光学
  • ナノ光電子機能デバイス
  • ナノオプティクスの基礎
  • バイオ分子の質量分析における脱離イオン化
  • 脳波のトラジェクトリー解析
全件表示
MISC (26件):
特許 (1件):
  • 合成エバネッセント波暗視野励起による局所偏光顕微鏡分析・分光方法および装置とこれを応用した物質操作方法および装置
書籍 (4件):
  • ナノ光工学ハンドブック
    朝倉書店 2001
  • 共訳, 生命とは何か:それからの50年, (What is life?:The next fifty years, M.P.Murphy and L.A.J.O'Neil eds., Cambridge Univ. Press, 1995
    培風館 2001
  • ナノスケールの光学
    オーム社 2006
  • 電子・通信・情報のための量子力学
    コロナ社 2008
講演・口頭発表等 (26件):
  • ナノ光デバイスの将来
    (第48回応用物理関係連合講演会, シンポジウム"ナノ光機能デバイスへ向かう近接場光学" 2001)
  • 電子スピン計測のもつ多様な意味
    (第32回応用物理学会学術講演会, シンポジウム"SPMによるナノ領域のスピン計測" 2001)
  • 科学と多様性
    (京都大学基礎物理学研究所研究会 2001)
  • Quantum optical control of dissipation in half space problem
    (The 14th Symposium of The Materials Research Society in Japan 2002)
  • ナノ光デバイス特有の機能と可能性
    (第50回応用物理学関係連合講演会, 「ナノフォトニクスの展開」シンポジウム 2003)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1978 京都大学
  • - 1980 京都大学大学院
  • - 1983 京都大学大学院
学位 (1件):
  • 工学博士 (京都大学)
経歴 (4件):
  • 1983/04 - 山梨大学講師(工学部)
  • 1986/08 - 山梨大学助教授(工学部)
  • 1988/08 - University of Washington客員准教授
  • 2003/02 - 山梨大学教授(工学部)
所属学会 (3件):
日本物理学会 ,  応用物理学会 ,  日本光学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る